SANSUI FR-3060の仕様 サンスイ/山水
オーディオの足跡

FR-3060の画像
 解説 

基本性能の追求か誕生したオートプレイヤー。

レコードの回転速度を切替えることによってオートプレイの動作速度も変わる不自然な動きを解消するため、FRシリーズではオートプレイの動力源として、独立した16極シンクロナス・モーターを使用しています。これによって、全てのオート動作が定速で行われています。
また、オートリターンの検出部には、フェライト・マグネットとリード・スイッチを組合わせた独自の電磁機構を採用し、針先に側圧がかからず、スムースな動作が可能となっています。

マニュアル動作をそのままにフルオート化を実現しており、動作中にアームを手で止める、戻す、好きな位置からのスタートなど、オート動作中でもマニュアル操作が可能です。

ターンテーブルシャフトは表面をセンターレス研磨加工で処理しており、そのうえ摩擦をゼロに近づけるため、オイルレス・メタルを使用し、S/Nの向上と芯振れによる回転ムラを追放しています。
ターンテーブルは30cm、1.4kgのアルミ合金ダイキャスト製を採用しており、フライホイール効果を充分に大きくすることで有害な振動を抑えています。

モーターには駆動トルクの大きい4極シンクロナス型を採用しています。
また、ベルトは特に経験変化ワウ・フラッター特性を維持するためにポリウレタンを使用し、仕上げ精度を高めています。

手動アームリフターを搭載しており、レコード演奏途中でのアームのアップ、ダウンができます。
レコード、スタイラスを傷めないオイル・ダンプ式の機構となっています。

ケースには左右31、前後20mmの合板を用い、補強を施したものを採用しています。
また、ハウリングを防ぐため、特殊樹脂によるベースを採用しています。

サブウェイトを搭載しており、最大18gまでどんな自重のカートリッジも使えます。

トーンアームはスタティックバランス型を採用しており、ボールベアリング(水平方向)とピボットベアリング(垂直方向)を使用し、水平・垂直感度の向上を計っています。
また、コネクター部には金メッキを施してあります。

カートリッジにはMM型を採用しており、特殊支点支持と等価質量の小さい振動子構造により歪を低減しています。

再生信号の高域減衰を押さえ、外部雑音を加えずに出力するため、低容量のシールド線を出力コードに採用しています。

別売りでリモートコントローラがありました。

機種の定格
型式 ステレオレコードプレヤー
方式 2スピード、ベルトドライブ・オートマチック方式
オート動作機構 4rpmの16極シンクロナスモーターによる自動方式
(リードイン、リターン、カット、リピート、アームリフト)
<ターンテーブル部>
ターンテーブル 30cm径、1.4kgアルミ合金ダイキャスト製
モーター 4極シンクロナス型
駆動方式 ベルトドライブ方式
定格回転数 33 1/3、45rpm
ワウ・フラッター 0.07%以下
S/N 47dB以上
<トーンアーム部>
トーンアーム スタティックバランス型、針圧直読式パイプアーム
インサイドフォースキャンセラー、ラテラルバランサー付
4端子プラグイン・ヘッド式
全長 220mm(実効長)
オーバーハング 15mm
トラッキングエラー ±1.5゜
使用可能カートリッジ最大重量 18g(付属シェル、サブウェイト使用)
<カートリッジ部>
カートリッジ ムービングマグネット型(SV-10A)
周波数特性 10Hz~22kHz
セパレーション 25dB(1kHz)
出力バランス ±0.5dB(1kHz)
出力電圧 3.5mV(1kHz、50mm/s)
標準負荷インピーダンス 50kΩ
コンプライアンス 18x10-6cm/dyne
針先 0.5milダイヤ針(SN-10A)
適正針圧 2g±0.5g
カートリッジ重量 6.5g
<総合>
付属装置 リモートコントローラーソケット
手動アームリフター
アンチハウリング・インシュレーター
45回転盤用アダプター
サブウェイト
ダストカバー スモークアクリル製、フリーストップ式(着脱可能)
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
最大消費電力 14W
外形寸法 幅464x高さ195x奥行352mm
重量 9.5kg