オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索

AU-D707X Decadeの画像
 解説 

AU-D707Xをベースに電源部などの強化によって低音域の再現力向上を図ったインテグレーテッドアンプ。

アンプの基本構成にはツインダイアモンドXバランス・アンプを採用しています。
従来のアンプではスピーカーへの電流は+側から送り、−側は単にアースへとつながれているシングルドライブとなっていました。そのため、逆起電力が−側のアースに流れこむと、電流のリップル電流等との相互干渉によっておこるIHM歪が発生していました。また、歪の低減のためのNFBも+側のみで、−側は全く制御されていない状態でした。
ツインダイアモンドXバランス・アンプは、入力から出力までの信号回路、電源回路、NFB回路の全てがバランス構成となっており、スピーカーを+側と−側の両方から対等にドライブすることでアースの影響を排除しています。
さらに、パワートランジスタをより有効に働かせるため、ツインダイアモンド差動回路でパワートランジスタを電流ドライブする2段構成とすることでスピーカードライブ能力を向上させています。

電源部には、ピーク時にも安定したスピーカードライブを得るため、過渡的な充放電特性に優れたピュアフォーカスコンデンサーとHSコンデンサーによるトータル40,000μFのコンデンサーと、超重量級電源トランスを搭載しています。
また、プリ部、プリドライブ部、パワー部のL/Rchが独立した4電源構成としており、アースの無いバランス電源方式と組み合わせることによって電源から発生するノイズを抑えています。

MCカートリッジの性能を活かすため、高純度・低磁気歪のパーマロイコアを用いたMCトランスを搭載しています。このトランスには振動歪対策として充填剤を用いてトランスユニットをを固定しています。
MM/MCカートリッジの負荷インピーダンスを完全に独立させることで最適ロードが選択でき、従来の内蔵MCトランスや外部トランスでは不可能だった最適マッチングと理想的な増幅を実現しています。

サイドウッドを装備しており、金属と木の組み合わせによって共振モードを帯域外に抑えています。

2段階切り替え式のトーンセレクターを搭載しています。

サブソニックフィルターを搭載しています。

Phono入力とCD入力には金メッキ端子を採用しています。

Phono入力はMM、High MC、MCトランス(High、Low)の4ポジションを搭載しています。

イコライザー部にはディスクリートDCアンプ構成のHi-Precisionイコライザーを採用しています。

Recセレクターを搭載しています。

機種の定格
型式 インテグレーテッドDCアンプ
<パワーアンプ部>
実効出力(10Hz~20kHz、両ch駆動) 160W+160W(6Ω)
130W+130W(8Ω)
全高調波歪率(10Hz~20kHz) 0.003%(8Ω、実効出力時)
0.005%(6Ω、1/2実効出力時)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1) 0.003%(8Ω、実効出力時)
出力帯域幅(IHF、両ch動作、THD0.03%) 5Hz~80kHz
ダンピングファクター(新IHF、20Hz~20kHz) 100(6Ω)
周波数特性(1W) DC~300kHz +0 -3dB
スルーレイト ±200V/μsec(6Ω)
ライズタイム 0.5μsec
<イコライザーアンプ部>
入力感度/入力インピーダンス(1kHz) Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono High MC:2.5mV/100Ω
Phono MC Low:100μV/5.3Ω(MCトランス採用)
Phono MC High:250μV/40Ω(MCトランス採用)
CD、Tuner、Tape1、2/PCM:150mV/47kΩ
Phono最大許容入力(1kHz、THD 0.01%) MM:300mV
High MC:300mV
MC High:25mV(トランス方式)
SN比(Aネットワーク、ショートサーキット) Phono MM:90dB
Phono MC:80dB
CD、Tuner、Tape:110dB
トーンセレクター Bass:100Hz、200Hz
Treble:4kHz、8kHz
サブソニックフィルター 16Hz(-3dB、6dB/oct)
<総合>
定格消費電力(電気用品取締法) 320W
外形寸法 幅466x高さ161x奥行431mm
重量 21.5kg