オーディオの足跡

AU-D707XCD DECADEの画像
 解説 

CDなどのデジタルソースのよりピュアな再生を目標に開発されたプリメインアンプ。

CDのサウンド・クオリティを出来る限りそこなうことなく再現するためCDダイレクトポジションを搭載しています。
CDダイレクトスイッチを押すと、CDプレイヤーからの信号は各種スイッチや回路を通過することなく、専用ボリュームのみを経由して直接ツインダイアモンドXバランス部に入力されます。

ボリューム部には、CD専用ボリュームとマスターボリュームを同軸に配置した特殊4連ディテントボリュームを採用しています。また、音質的にも有利な低インピーダンス型としています。
CDダイレクトポジションでの音量レベル表示は通常ポジションとは別になっており、CDダイレクトポジションインジケーターが点灯してボリュームノブ側に指示されます。

パワーアンプ部にはツインダイアモンドXバランス方式を採用しています。
この回路方式ではプラス側とマイナス側を同等に、バランス入力、伝送、増幅しており、ハムやノイズをキャンセルしてしまう上、アースとも完全に分離されているためアースの影響を受けません。
また、通常のアンプではスピーカーからの逆起電力がマイナス側兼用のアースラインに流れ込み、電源のリップル電流などと相互干渉を起しIHM歪を発生させることがあります。しかし、Xバランスアンプではスピーカーへの電流供給はプラス側もマイナス側も同一条件となることに加え、ツインダイアモンド差動回路でパワートランジスタを電流ドライブするという2団構成とすることで、スピーカードライブ能力を高めています。

電源部には重量級電源トランスとピュアフォーカスコンデンサーを採用しています。

大型ヒートシンクを採用しています。

カットオフ周波数6Hzのサブソニックフィルターを搭載してます。

ターンオーバー周波数切換えつきのトーンコントロールを搭載しています。

4ポジションのスピーカーセレクターを搭載しています。

OFFポジション付きのRECセレクターを搭載しています。

入力端子はCD、Tuner、Line1/2、Tape1/2/3に加え、グラフィックイコライザーなどの接続に便利なAdaptor端子を搭載しています。また、CD、Tuner、Line系の入力端子は金メッキ処理が施されています。

極性表示付きの電源コードを採用しています。

機種の定格
型式 インテグレーテッドアンプ
<パワーアンプ部>
実効出力(10Hz~20kHz、両ch駆動) 160W+160W(6Ω)
130W+130W(8Ω)
全高調波歪率(10Hz~20kHz) 0.003%以下(8Ω、実効出力時)
0.005%以下(6Ω、1/2実効出力時)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1、SMPTE) 0.003%以下(8Ω)
ダンピングファクター(新IHF、20Hz~20kHz) 100(6Ω)
周波数特性(1W) DC~300kHz +0 -3dB
入力感度/インピーダンス(1kHz) CD Direct:0.5V/5kΩ
スルーレイト ±200V/μsec(8Ω)
ライズタイム 0.5μsec
ヘッドホン出力 500mW(33Ω)
負荷インピーダンス 4Ω~16Ω
<プリアンプ部>
入力感度/インピーダンス(1kHz) Tuner、CD:150mV/47kΩ
Line 1、2:150mV/47kΩ
Tape play1、2、3:150mV/47kΩ
Adaptor:150mV/47kΩ
SN比(Aネットワーク) CD、Tuner、Line:110dB以上
トーンコントロール最大変化量 Bass:±10dB(20Hz)
Treble:±10dB(20kHz)
ターンオーバー周波数 Bass:100Hz、200Hz
Treble:4kHz、8kHz
サブソニックフィルター 6Hz(-3dB)、6dB/oct
オーディオミューティング -20dB
<総合>
定格消費電力(電気用品取締法) 320W
外形寸法 幅466x高さ161x奥行431mm
重量 20.6kg