オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

AU-α907L Extraの画像
 解説 

オーディオ専用トランジスタのLAPTを採用したLExtraシリーズの最上位プリメインアンプ。

ローレベルでのリニアリティを向上するため、新たにオーディオ専用に開発されたLAPT(Linear Amplification Power Transistor)を搭載しています。
LAPTは純銅材を採用しており、ボンディングワイヤーまで徹底して非磁性化することで磁気歪の発生を排除しており、これにより遮断周波数を大幅に改善して広帯域化するとともに、電流増幅率のリニアリティとスイッチング特性も向上しています。

回路構成には-Xバランス回路を採用しています。さらに、初段のFETをカスケード接続としたNEWダイアモンド差動回路により、優れた高域特性を獲得しています。

電源部を中央に置き、大型ヒートシンカーにマウントされたパワーアンプ部を左右対称に分離して配置したツイン・モノラル・コンストラクションを採用しています。これにより、音質に悪影響を及ぼす振動源の干渉を断ち切り、優れた音像定位を獲得しています。
AU-α907L Extraでは無振動・無共振をより徹底するため、純銅無垢の大型インシュレーターや、LAPTアブソーバー、トランスベース等の純銅パーツを採用しています。

電源部はバランス電源構造となっており、アースから独立したクローズドループとする事で様々な悪影響を抑えています。
また、高密度充填材を封入した新開発の大型トランスや、電源コンデンサー、ファーストリカバリーダイオードなども新開発のカスタムメイドのものを採用し、低インピーダンス化、ハイスピード化を実現しています。

コンデンサー、抵抗、半導体、コイルなど音楽信号が直接通過するパーツを中心に、パーツのひとつひとつに至るまで厳選したパーツを採用しています。

イコライザー部には本格的なディスクリート構成のフォノイコライザーを搭載しています。

バランス入力を搭載しています。

パワーアンプ・ダイレクトやソースダイレクト、レックセレクターなどの機能を搭載しています。

ボリュームには6連ディテントボリュームを搭載しています。

機種の定格
型式 α-Xバランスド・NM-LAPT・アンプ
<パワーアンプ部>
実効出力(20Hz~20kHz、
両ch駆動)
190W+190W(6Ω)
160W+160W(8Ω)
ダイナミックパワー 580W(2Ω)
390W(4Ω)
310W(6Ω)
全高調波歪率(実効出力時) 0.003%以下(8Ω)
混変調歪率 0.003%以下(8Ω)
ダンピングファクター 150(8Ω)
周波数特性(1W) DC~300kHz +0 -3dB
入力感度/インピーダンス 1V/3kΩ(1kHz)
SN比(Aネットワーク) 120dB以上
TIM歪(SAWTOOTH) 測定限界値以下
スルーレイト 200V/μsec
ライズ・タイム 0.5μsec
<プリ部>
入力感度/インピーダンス
(1kHz)
Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:300μV/100Ω
CD、Tuner、Line、Tape/DAT1、2、3:150mV/20kΩ
Phono最大許容入力 MM(THD 0.01%):250mV
MC(THD 0.1%):25mV
周波数特性 Phono MM:20Hz~20kHz ±0.2dB
CD、Tuner、Line、Tape/DAT1、2、3:DC~300kHz +0 -3dB
SN比 Phono MM:90dB以上
Phono MC:75dB以上
CD、Tuner、Line、Tape/DAT1、2、3:110dB以上
トーンコントロール Bass:±5dB(50Hz)
Treble:±5dB(15kHz)
サブソニックフィルター 16Hz(-3dB)、6dB/oct
ラウドネス +4dB(50Hz)、+3dB(10kHz)
<総合>
定格消費電力 400W
外形寸法 幅472x高さ164x奥行450mm
重量 33.0kg