オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

AU-α607Extraの画像
 解説 

α-Xバランス・サーキットやNEWダイアモンド差動回路を採用したプリメインアンプ。

α-Xバランス・サーキットを採用しており、回路構成にはノイズが必然的にキャンセルされるバランス増幅方式を採用しています。これは、信号の増幅だけでなく、電源の供給も、アースを基準としないところに通常の増幅回路と違いがあります。
さらに、AU-α607Extraでは、NEWダイアモンド差動回路の採用とともに、回路全体の低インピーダンス化を図る事で、さらなるクオリティアップを図っています。
また、スピーカードライブも、従来のようなアンプ出力とアース間の間でドライブする方式ではなく、スピーカーの+側も−側と対等に、両方向からドライブするダブルプッシュプル方式を採用しており、これによりインピーダンス変化や位相変化に対応してます。

初段に採用しているFETをカスケード接続にしたNEWダイアモンド差動回路を採用しています。
これにより、パワーアンプダイレクト時の出力インピーダンスの違いなどによる、接続機器からの音質への影響を軽減しています。

電源部には、アースから独立させてクローズドループとしたサンスイ独自のバランス電源を採用しています。
+側と−側でつねに電流が等しくなっているため、電源のアンバランスから生じる音楽信号への悪影響を解消しています。
また使用しているパーツには、大型電源トランスやオーディオ用に開発したカスタム電解コンデンサーを採用しています。

アンプの構造には、ツイン・モノラル・コンストラクションを採用しています。
これは電源部を中央に置き、大型ヒートシンカーにマウントされたパワーアンプ部を左右対称に分離して配置したもので、安定感の獲得とともに、L/Rユニット間における信号レベルの違いから発生するクロストークや電源系の振動と音楽信号の干渉に対応しています。

パワーアンプダイレクト・スイッチを搭載しており、ノーマルインプットを2系統搭載しています。

入力系のソースセレクトを背面端子内側で行う独自の方式"ダイレクトアクセスロータリースイッチ"を採用しています。ロータリースイッチの接点部は金メッキを施し、高品質を追求しています。

ソースダイレクトスイッチを搭載しており、バランスボリューム、ミューティング、サブソニックフィルターなどの付属回路を介さずに再生することが可能です。

機種の定格
型式 α-Xバランスド・インテグレーテッド・アンプ
<パワーアンプ部>
実効出力(10Hz~20kHz、両ch駆動) 6Ω:105W+105W
8Ω:90W+90W
全高調波歪率(実効出力時) 0.003%以下(8Ω)
周波数特性(1W) DC~300kHz、+0 -3dB
混変調歪率 0.003%以下(8Ω)
ダンピングファクター 150(8Ω)
入力感度 1V(Normal)
SN比(Aネットワーク) 120dB以上
TIM歪(SAWTOOTH) 測定限界値以下
スルーレイト ±180V/μsec
ライズ・タイム 0.6μsec
<プリ部>
入力感度/インピーダンス(1kHz) Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:300μV/100Ω
CD、Tuner、Line、Tape Play1・2・3:150mV/20kΩ
Phono最大許容入力 MM(THD 0.01%):210mV
MC(THD 0.1%):21mV
周波数特性 Phono MM:20Hz~20000Hz、±0.2dB
CD、Line:DC~300kHz、+0 -3dB
Tape Play-1、2、3:1Hz~300kHz +0 -3dB
SN比 Phono MM:88dB以上
Phono MC:70dB以上
CD、Tuner、Line、Tape Play-1・2・3:110dB以上
トーンコントロール最大変化量 BASS:±6dB(50Hz)
TREBLE:±6dB(15kHz)
サブソニックフィルター 16Hz(-3dB)、6dB/oct
ラウドネス 50Hz:+8dB
10kHz:+6dB
オーディオ・ミューティング -20dB
<総合>
定格消費電力(電気用品取締法) 250W
外形寸法 幅430x高さ160x奥行450mm
重量 18.0kg