オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索

AU-α607DRの画像
 解説 

シンプルなボディにサンスイの技術を注いで完成したプリメインアンプ。

アンプの増幅回路をアース回路から独立させ、さらにNM-LAPTを搭載の画期的なアドバンスドα-Xバランス回路を採用しています。
この回路では信号の伝送・増幅を同時に行い、しかも外来ノイズや同相歪を受けないバランス構成となっています。出力の+側と−側にアンプを4つ持たせたプッシュプル方式により、+−両方向から同じ条件でスピーカーをドライブしています。
また、オーディオ専用に開発したNM-LAPTが回路のインピーダンスを下げ、動的な周波数特性を向上させています。

カスタムメイドの電解コンデンサーやパワートランスなど、高音質部品を満載したクローズドループ構成のNEW α-Xバランス電源部を採用して安定した電源供給を得ています。

電源系と信号系の振動は、最適重量バランスを取った強化ツイン・モノラル・コンストラクションによって効果的に制御し、全ての音楽信号が通過するボリュームとシャーシの間など、振動を伝達する経路にはアイソレーテッド・メカニカル・フィードバックを導入し、純銅材のアイソレーションパーツによる制振を施してあります。

音楽信号が直接通過する部分をはじめ振動分散・非共振設計のインシュレーターなど、各パーツのクオリティも徹底的に追求しています。

オーディオ信号をパワーアンプ部へダイレクトに入力可能なパワー・アンプダイレクトを搭載しています。

CDプレイヤーをパワーアンプダイレクトにセットして、リスニング中にCDや他のソースの裏録音ができます。例えばノーマル1でソースを再生しながら、ノーマル2で入力しているCDなどのソースを裏録音することが可能です。

6連ディテントボリューム、金メッキ入力端子、大型スピーカーターミナル、極性表示電源コード/ACアウトレットを搭載しています。

機種の定格
型式 インテグレーテッド・アンプ
<パワーアンプ部>
実効出力
(10Hz~20kHz、両ch同時作動)
6Ω:105W+105W
8Ω:90W+90W
全高調波歪率(実効出力時) 0.003%以下(8Ω)
周波数特性(1W) DC~300kHz、+0 -3dB
混変調歪率 0.003%以下(8Ω)
ダンピングファクター 150(8Ω)
入力感度/インピーダンス(1kHz) 1V/5kΩ
SN比(Aネットワーク) 120dB以上
ダイナミックパワー 2Ω:280W
4Ω:220W
6Ω:155W
TIM歪(SAWTOOTH) 測定限界値以下
スルーレイト 180V/μsec
ライズ・タイム 0.6μsec
<プリ部>
入力感度/インピーダンス(1kHz) Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:300μV/100Ω
CD、Tuner、Line、Tape/DAT1・2・3:150mV/20kΩ
Phono最大許容入力 MM(THD 0.01%):210mV
MC(THD 0.1%):21mV
周波数特性(1W) Phono MM:20Hz~20000Hz ±0.2dB
CD、Tuner、Line、Tape/DAT-1・2・3:DC~200kHz +0 -3dB
SN比(Aネットワーク) Phono MM:88dB以上
Phono MC:70dB以上
CD、Tuner、Line、Tape/DAT-1・2・3:110dB以上
トーンコントロール BASS最大変化量:±6dB(50Hz)
TREBLE最大変化量:±6dB(15kHz)
サブソニックフィルター 16Hz(-3dB)、6dB/oct
ラウドネス 50Hz:+4dB
10kHz:+3dB
<総合>
定格消費電力 250W
外形寸法 幅430x高さ159x奥行446mm
重量 18.0kg
別売 リアルサイドウッドSW-AU2(1セット、¥12,000)