オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索

AU-α607の画像
 解説 

α-Xバランスサーキットを採用したインテグレーテッドアンプ。

パワーアンプ部にはサンスイ独自のα-Xバランスサーキットを採用しています。
α-Xバランスサーキットでは、信号回路、電源回路、NFB回路で徹底して信号をアースから独立させており、IHM歪などが排除されています。さらに、プリ部にバランスアンプを搭載することでα-Xバランス入力だけでなく通常入力もα-Xバランス伝送できています。
この回路ではスピーカーの+側と−側を各々専用のアンプでドライブするため、スピーカーの動きをアンプ側で制御することが可能です。

電源部にはαーXバランス電源を採用しており、アースとは独立してエネルギー供給を行っています。こにれよりACラインからのノイズ混入がなく、スピーカーへアンバランス電流やリップル電流が流れ込むのを防いでいます。さらに、電源方式はパワー段と電圧増幅段とを分離独立させており、相互干渉を排除しています。
電源トランスには超重量級トランスを採用し、コンデンサーにはグレート・サプライ・コンデンサーを採用しています。

シャーシ構造には新開発のソリッドシャーシを採用しており、高剛性化を図ると共に電磁波ノイズをカットしています。

脚部にはCF5(シャーシ・フィクスド・5点支持)インシュレーターを採用しており、重量が集中する電源部付近にコンプライアンスを持つ5番目のインシュレーターを配することで荷重バランスをとり、メカニカルアースを実現しています。

ボンネットにはCF12(シャーシ・フィクスド・12点留め)ボンネットを採用しています。
CF12ボンネットでは、振動的解析結果から決定したコの字型剛性ボンネットを、従来よりもはるかに大型のネジ12本を使ってソリッドシャーシに固定することで共振や振動を抑えています。

MM/MCフォノイコライザーはFET入力を採用しています。

ソースダイレクト機能を搭載しており、全てのソースをアクセサリー回路を通過せずにα-Xバランスサーキットに直結することができます。また、ソースダイレクト時にもトーンコントロールを使用できます。

ディフィート付きのトーンコントロールを搭載しています。

CD、Phono、Tape/DAT-1の端子には金メッキ端子を採用してます。

極性表示付き電源コードを採用しています。

OFFポジション付きのRECセレクターを搭載しています。

フロントパネルはアルミ材を用いたグロッシー&ヘアライン仕上げとなっています。

機種の定格
型式 インテグレーテッドDCアンプ
<パワーアンプ部>
実効出力(10Hz~20kHz、両ch駆動) 105W+105W(6Ω)
90W+90W(8Ω)
全高調波歪率(実効出力時) 0.003%以下(8Ω)
混変調歪率 0.003%以下(8Ω)
ダンピングファクター 80(6Ω)
TIM歪(SAWTOOTH) 測定限界以下
スルーレイト ±180V/μsec
<イコライザー部>
入力感度/インピーダンス(1kHz) Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:300μV/100Ω
CD、Tuner、Line、Processor:150mV/47kΩ
Tape play/DAT-1、2、3:150mV/47kΩ
Phono最大許容入力
(新IHF、THD 0.01%)
MM:210mV
MC:21mV
周波数特性(1W時) Phono MM:20Hz~20kHz ±0.2dB
CD、Line、Tape play/DAT-1、2、3:1Hz~300kHz +0 -3dB
SN比(1W時) Phono MM:88dB以上
Phono MC:70dB以上
Tuner、Line、CD:110dB以上
Tape play/DAT-1、2、3:110dB以上
トーンコントロール Bass:±5dB(50Hz)
Treble:±5dB(15kHz)
ターンオーバー周波数 150Hz、7kHz
サブソニックフィルター 16Hz(-3dB、6dB/oct)
ラウドネス +8dB(50Hz)、+6dB(10kHz)
ミューティング -20dB
<総合>
定格消費電力(電気用品取締法) 240W
外形寸法 幅448x高さ160x奥行441mm
重量 15.7kg