オーディオの足跡

LS5/9の画像
 解説 

BBCの中型サイズのモニターとして開発されたモニタースピーカーシステム。

BBCの最高峰スタジオモニターLS5/8とくらべて4分の1ほどのキャビネット容積となっており、録音スタジオやラインモニターとして使用されました。

低域にはポリプロピレン・コーンを用いた20cmコーン型ウーファーを搭載しています。
このユニットのフレームにはアルミダイカストフレームを採用しています。

高域には3.4cmソフトドーム型トゥイーターを搭載しています。

ネットワーク部には厳選したパーツが使用されており、内部音圧の影響を抑える防振対策が施されてます。
また、使用する環境条件に応じて+2dB~-2dBの範囲でレベル調節が可能でした。

エンクロージャーはROGERSの伝統的な木工技術と多くの実験から選び抜かれた天然素材とダンピング材を組み合わせた構造となっており、音質に影響を与えるキャビネットの共振を抑えています。

左右のスピーカーはBBCの仕様基準に従って厳しい品質管理が行われており、組合せが指定されています。

別売りでスピーカースタンドがありました。


販売時期によって若干仕様が異なるようです。
88年頃のカタログでは前面に設けられていたイコライザー部が96年頃のものではありません。また、ツィーターのイコライザーも形状が異なります。

機種の定格
型式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:20cmコーン型(BBC LS2/14)
高域用:3.4cmドーム型
再生周波数帯域 50Hz~16kHz ±3dB
入力インピーダンス
出力音圧レベル 87dB/2.83V/1m(RMS)
最大音圧レベル 105dBA(ペア、2m)
クロスオーバー周波数 3kHz(BBC規格、FL6/35)
最大許容入力 50W
スピーカー端子 バイワイヤリング端子付き(1996年頃)
推奨パワーアンプ出力 15W~100W
外形寸法 幅280x高さ460x奥行275mm
重量 14.0kg(1988年頃)
13.0kg(1996年頃)
別売:スピーカースタンド S-59(1台、¥30,000)
外形寸法 幅360x高さ550x奥行360mm