オーディオの足跡

F30の画像
 解説 

PERFORMAシリーズのフロア型スピーカーシステム。

低域にはインバーテッドマグネシウムアロイ・ダイアフラムを用いた25cmコーン型ウーファーを搭載しています。
ボイスコイルにはアラミド・グラスファイバーボビンを使うことで高耐入力特性を獲得した50mm径ボイスコイルを採用しています。また、マグネット部の改良によって高調波歪を大幅に低減しています。さらにボイスコイルの冷却効果を高めることで大出力時のパワーコンプレッションを防止しています。

中域には12.5cmコーン型ミッドレンジを搭載しています。
振動板にはインバーテッドマグネシウムアロイドームを採用しています。また、エッジワイズ巻きのボイスコイルとKaptonボビンを採用することで高い耐入力特性を得ています。

高域には2.5cmハードドーム型ツィーターを搭載しています。
振動板にはアルミニウムアロイダイアフラムを採用しています。また、ボイスコイルにはカッパーメッキアルミニウムボイスコイルを使用することで高耐入力と低歪を実現しています。さらにボイスコイルギャップ内に磁性流体を充填することでパワーコンプレッションを低減しています。

ネットワーク部では厳格な位相管理と軸上/軸外特性の最適化を追求しています。

高域用にレベルコントロールを搭載しており、部屋の残響特性に合わせて高域レベルの微調整が可能です。

エンクロージャーはバスレフ方式を採用しています。バスレフポートは背面に設けられており、開口部分に滑らかなテーパーを施したフリーフロー・フレアータイプを採用することでポートノイズの低減とパワーコンプレッション防止を図っています。
板材には25mm厚のMDFを使用しています。
フロントバッフルはラウンド形状のサブバッフルを設けた構造となっており、ユニットはサブバッフルにフラッシュマウントされています。これにより不要輻射による音場の乱れを防ぎ、優れた音像定位と音場再現を可能にしています。
外観はローズウッド仕上げが施されています。

脚部はニードルスパイク、球状スパイク、樹脂製ボールナットの3タイプが使い分けられるアルミダイキャスト製フットを採用しており、床面の素材構造に合わせた選択が可能です。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・トールボーイ型・防磁設計
使用ユニット 低域用:25cmコーン型
中域用:12.5cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
インピーダンス
出力音圧レベル 87dB/2.83V/m
周波数特性 34Hz~20kHz (インルームレスポンス+075dB)
低域再生能力 20Hz -10dB
24Hz -6dB
30Hz -3dB
クロスオーバー周波数 220Hz、2.8kHz
外形寸法 本体:幅305x高さ1,118x奥行375mm
脚部含む:幅366x高さ1,149x奥行405mm
重量 41.0kg