オーディオの足跡


ヤフオク!で中古オーディオを検索

Q108Eの画像
 解説 

底面放射タイプのアクティブサブウーファー。

ユニットには20cmコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板にはペーパーコーンを採用しています。また、フレームにはメタルダイカストフレームを採用しています。

アンプ部にはディスクリート構成のダイレクトカップルMOS-FETアンプを採用しています。

電源部には大型トロイダルトランスを搭載しています。

ABCクロスオーバー調整機能を搭載しており、26Hz~106Hzの範囲でクロスオーバーを自由に可変できます。

4ポジションのモードセレクターを搭載しています。

Slam(締まり)/Depth(深み)切換スイッチを搭載しています。

RCA入力端子に加えてノイトリック・スピコン端子を搭載しています。
また、パソコンに接続して使えるPCコンパチブル入力端子を搭載しています。

外観はチェリーウッドの突板仕上げが施されています。

機種の定格
方式 アンプ内蔵・1ウェイ・1スピーカー・密閉方式・フロア型
使用ユニット 超低域用:20cmコーン型
カットオフ周波数 26Hz~106Hz(連続可変)
低域周波数特性 23Hz -6dB
スピーカー入力インピーダンス
出力 100W(RMS)
位相切換 0/180゜
エンクロージャー チェリー突板仕上げ
容量 11リットル
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 待機時:2.9W
通常出力時:約100W
外形寸法 幅253x高さ294x奥行272mm
重量 7.4kg
付属 ノイトリックスピコンケーブル
RCAケーブル
電源ケーブル