オーディオの足跡

44の画像
 解説 

モジュール構成を採用したコントロールアンプ。

QUAD44は全ての入出力端子がモジュール化されており、必要に応じて差し替える事が可能です。

ティルトコントロールとベースコントロールを搭載しており、リスニングルームとスピーカーによる特性変化に対応しています。
ティルトコントロールは全体的なレベルを変えずに緩やかな変化を全周波数帯を通して加えます。
ベースコントロールはLIFTポジションとSTEPポジションで構成されており、LIFTポジションは小型スピーカーなどで低域の特性をスムーズにあげる時に使用し、STEPポジションは壁やコーナーにスピーカーを設置した際のハウリングのカットに使用します。

フォノ入力はあらゆるMM/MCカートリッジに対応できるよう5種類のモジュールがありました。
また、カートリッジとのマッチングには、モジュールの差し替えで対応しています。

別売りでスリーブと名付けられたウッドケースがありました。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
入力感度(1kHz)/最大入力(1kHz)
/負荷インピーダンス
Disc:1mV/35mV/47kΩ、47kΩ180pF
    3mV/100mV/47kΩ、47kΩ180pF
    10mV/300mV/47kΩ、47kΩ180pF
Radio、Aux:100mV/5V/1MΩ
        500mV/25V/500kΩ
Tape:100mV/5V/39kΩ
    300mV/15V/121kΩ
    0dBm(775mV)/40V/94kΩ
    3V/100V/85kΩ
    10V/100V/82kΩ
SN比(A補正入力負荷時) Disc:63dB(入力感度1mV時)
    72dB(入力感度3mV時)
    82dB(入力感度10mV時)
Radio:86dB
Aux:82dB
Tape:86dB
出力レベル/ソースインピーダンス Tape録音:3mV/32Ωまたは33kΩ
       10mV/100Ωまたは33kΩ
       100mV/1kΩまたは33kΩ
       0dBm(775mV)/1kΩまたは33kΩ
パワーアンプ:0.5V/1kΩ
          1.6V/3.2kΩ
          5V/75Ω
歪率 すべての入力で最悪のとき0.05%
残留ノイズ -104dB(Aカーブ・ボリューム最小)
周波数特性 Disc以外:30Hz~20kHz(+0、-1)
Disc:30Hz~20kHz ±0.5dB
クロストーク(30Hz~10kHz時) 録音再生:70dB
チャンネル間:50dB
チャンネルバランス ±0.5dB(ボリューム最大)~72dB
電源入力 100~130V、200~250V、50-60Hz
外形寸法 幅321x高さ103x奥行207mm
重量 4kg
別売 MCモジュール(3タイプ、各¥18,000)
別ページ参照
別売:ウッドケース 44用スリーブ(¥21,000)
外形寸法 幅342x高さ123x奥行198mm
板厚 10mm