オーディオの足跡

Model301Lの画像
 解説 

デュアルモノラル構成を採用したプリメインアンプ。

Model301Lでは入力から出力まで完全バランス増幅・伝送設計となっています。
XLRコネクターから入力されたバランス信号はハイゲインパワー部の差動プッシュプル入力へ送られ、プラスとマイナス信号はそれぞれ同一条件で差動増幅されブリッジ出力されます。正負両入力に加えられた信号の差成分を取り出す差動増幅方式は、電源変動や温度変化、ノイズ等の同相成分をキャンセルし、優れたコモンモードリジェクションを獲得できるメリットを持っています。
また、アンバランス入力時も入力部でバランス信号に変換され、完全バランス増幅・伝送のメリットが得られます。

電源部には大容量のカスタムメイド電源トランスを各チャンネル1基ずつ配した構成となっています。
ブリッジダイオード、フィルターコンデンサー、電圧段用定電圧電源も左右完全独立構成となっており、電源変動に起因するチャンネル間クロストークを排除しています。

シャーシには高剛性シャーシを採用しており、不要共振を排除しています。
また、金メッキXLR/RCAコネクターや極太ケーブルに対応したスピーカー端子、高信頼性シールタイプ・リレーを採用するとともに、抵抗やコンデンサ、トランジスタなどにも厳選したものを使用しています。

オペレート/スタンバイ切換え機能を搭載しており、スタンバイ状態でもアンプの主要部を通電状態に保つことでいつでも最良の音質が得られるようにしています。

DC、温度、過電流などの保護回路を内蔵しています。

別売りオプションとしてフォノモジュールがあります。
フォノ信号もバランス回路で伝送されるため、高い精度でアナログ再生が可能です。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
実効出力 80W+80W(8Ω)
160W+160W(4Ω)
ピーク電流 ±40A
出力インピーダンス 0.06Ω
DCオフセット 3mV以下
周波数特性 10Hz~100kHz
全高調波歪率 007%以下(最大出力時)
SN比 100dB(A-WTD)
入力感度 バランス:500mV
アンバランス:250mV
入力端子 バランス入力:2系統、XLRコネクター
アンバランス入力:4系統、RCAコネクター
出力レベル Tape out:500mV
出力端子 スピーカー端子:1系統(4Ω~16Ω)
テープアウト:2系統
消費電力 100W(アイドリング時)
外形寸法 幅430x高さ100x奥行440mm(最大)
重量 15kg
別売:フォノモジュール P301(¥70,000)
入力感度 MC:0.15mV
MM:2mV
ゲイン MC:58dB(1kHz)
MM:41dB(1kHz)
MC/MM負荷抵抗 MC:22Ω、100Ω、切換式
MM:47kΩ
SN比 MC:68dB
MM:78dB