オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

S-F1customの画像
 解説 

パイオニアが発表した同軸型平面スピーカーS-F1をベースに、改良が施されたスピーカーシステム。
優れた音質を得るために物理的な特性の追求に加えて、実際に音楽を聴いての数多くの試聴によるカット・アンド・トライを行っており、試作と試聴を繰返すとともに、さらにコンピューターを駆使した測定技術により音を磨いています。

平面スピーカーは、スピーカーの振動面とバッフルの前面が同一平面上にあるため、キャビティ効果による周波数特性の乱れが無くなり、素直な音質が得られます。また、各スピーカーユニットの音源位置が一致することも大きなメリットです。
さらに、平面スピーカーを同軸型にすることにより、リスニングポイントにおいて、低音から高音までの音波の到達時間は同じになり、輪郭の鮮明なはっきりとした音像が得られます。同時に、低音から高音までの波面の中心点が一致するために、従来の各ユニット別々に配置する方法とは異なり、音波の到来方向が完全に一致します。
これらの相乗効果により、同軸型を採用した平面スピーカーは実在感のある音像が得られています。

S-F1customでは、振動板素材であるカーボングラファイトを表面材に用いたハニカム構造の振動板を採用しており、このカーボングラファイト・ハニカム振動板を低音用と中音用スピーカーに用いて、ピストン帯域を拡大し、高域再生限界までスムースな周波数レスポンスと、優れたかと特性を得ています。
また、高音用と超高音用の振動板は、表面材にはS-955などに用いられているベリリウム箔を採用し、ハニカム構造とすることで20kHz以上の可聴帯域外まで忠実なピストン振動を実現しています。

平面振動板の特長を生かし、さらにピストンモーション帯域を拡大するために、最も低次の振動モードの節の位置にボイスコイルを直結した節ドライブ方式を採用しています。これにより低次の分割振動を除くことができ、ピストンモーション帯域を約2倍に拡大しています。
この節ドライブ方式のボイスコイルはウーファーの場合では32cm角と巨大なものとなっています。

ネットワーク部には珪素鋼板コアを用いたチョークコイル、内部配線には無酸素銅を用いた新LIコード(ローインダクタンス・コード)を採用しています。

エンクロージャーには、定評のある高密度、高剛性のアピトン合板を用いています。

機種の定格
方式 4ウェイ・1スピーカー・バスレフ方式・フロア型
ユニット 40cm角4ウェイ平面同軸型ユニット
低域用:40cm角平面型
中域用:15cm角平面型
高域用:6cm角平面型
超高域用:2.6cm角平面型
再生周波数帯域 30Hz~40kHz
出力音圧レベル 94dB/W/m
最大入力 150W
瞬間最大入力 300W
インピーダンス
クロスオーバー周波数 500Hz、2.5kHz、8kHz
エンクロージャー容積 230L
外形寸法 幅700x高さ1170x奥行440mm
重量 110kg