オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

CS-T66の画像
 解説 

3ウェイ構成のスピーカーシステム。

ウーファーにはカーボンファイバーを縦横ムラなく混入する独自の方法で、コーン紙としての完成度を高めた25cmウーファーを採用。
またフレームにはアルミダイキャスト製の無共振フレームを採用。最大肉厚12mmリブの部分でも5mmの厚さがあります。
また、ダンパーには大振幅での直線性を重視して大型ダンパーを採用し、エッジはウレタンコーティングの布材を採用しています。

ミッドレンジには、ウーファー同様カーボンファイバーコーン紙を採用しています。
ユニットのf.は200Hzで高域再生限界12000Hzと高いので、システムの受け持ち帯域の850Hzから5800Hzに対し十分な余裕をもっています。

トゥイーターは、振動板に超硬質チタンを使用したドーム型ユニットを採用し、エッジには特殊目止め剤が塗布されています。

エンクロージャーは高密度パーチクルボードと多層積層合板を組合わせ、共振モードの分散をはかっています。
また、吸音材は、多種類のものを組合わせることで効果を上げ、内容積を減少させずに定在波の防止や低音の制動を行っています。

ネットワークにはメタライズドペーパー・コンデンサーや空芯コイルを使用しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・フロア型
使用ユニット 低域用:25cmコーン型
中域用:6.5cmドーム型
高域用:2.5cmドーム型
インピーダンス
再生周波数帯域 35Hz~20000Hz
出力音圧レベル 90.5dB/W/m
最大入力 60W
クロスオーバー周波数 850Hz、5800Hz
外形寸法 幅350x高さ610x奥行321mm
重量 18kg