オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

CS-616の画像
 解説 

3ウェイ構成のスピーカーシステム。

ウーファーには30cm径のカーボンファイバー混入コーンを採用しています。
コーン形状は浅型で表面には特殊な音響制動剤を塗布し、剛性を高めるとともに共振を抑えています。
磁気回路には156φmmのフェライトマグネットを使用し、ポールには純銅キャップを装着して電流ひずみを低減しています。
また、ボイスコイルには耐入力特性やリニアリティを考慮して、ロングタイプのものを採用しています。これにより大入力時のひずみをおさえ、大きなダイナミックレンジを再現します。
フレームは共振を排除する頑強なアルミダイキャスト製で、IMひずみの発生をおさえています。

ミッドレンジには10cm口径のコーン型ユニットを採用しています。
コーン紙には軽量で剛性に富む新開発の素材を採用し、エッジ周辺に特殊な制動材を塗布し、スムーズな特性を得ています。そして磁気回路には90φmmkのマグネットとエッジワイズ巻きボイスコイルにより、能率を大幅に向上し、大きな音圧レベルと耐入力特性を得ています。
フレームにはウーファー同様アルミダイキャストを採用し、IMひずみを低減してます。

トゥイーターには4.5cm口径のコーン型が採用されています。
コーン紙はストレート形状とし振動板の改良化を図り、過渡特性や周波数特性を向上させています。また、コーンネック部には特殊接着剤を塗布し、高域の伸びを改善しています。
エッジにはリニアリティの良いロールエッジを採用し、さらにエッジの内周部が一部直線になるように改良し、高域での音質を向上させています。
磁気回路は70φmmのマグネットを採用し、強力な磁気回路と軽い振動形によって、高能率とすぐれた過渡特性を発揮します。
フレームはアルミダイキャストフレームです。

エンクロージャーは、バッフル板に24mm厚の合板、その他に20mm厚の高密度パーチクルボードを使用しています。内部には吸音材を配し内容積を生かしながら、定在波の防止と低域制動を行っています。
また、ウーファーの性能を最高に発揮させるため精密調整したバスレフ構造とし、ダクトは開口部からの不要な中音の輻射をさけるため、内部で折り曲げたユニークな設計になっています。

ネットワークには、ユニットの特性を損なわぬよう、損失の少ない太い銅線のチョークコイルや、メタライズド・フィルム・コンデンサーを使用しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:30cmコーン型
中域用:10cmコーン型
高域用:4.5cmコーン型
インピーダンス 6.3Ω
再生周波数帯域 30Hz~20000Hz
出力音圧レベル 93dB/W/m
最大入力 100W
クロスオーバー周波数 1500Hz、4000Hz
外形寸法 幅375x高さ665x奥行318mm
重量 25kg