オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

T-555WRの画像
 解説 

FLAT SYSTEM、ドルビーB・C NR、ドルビーHX PRO、操作系&カウンター、録再クイックリバースを、デッキI、デッキIIにそれぞれ独立搭載したツイン録再リバースデッキ。

テープの録再周波数特性をフラットに保ち、テープの性能を最大限に引き出すFLAT SYSTEM(Frequency-response and Level Auto Tuning System)をダブルで搭載しており、低域(400Hz)と高域(10kHz)の2ポイントで、バイアス→レベル→イコライザーの順にチューニングをオートで行います。調整中はFLディスプレイでもその状態を表示されます。
また、パラレル録音・リレー録音時にはデッキIの調整が終わると自動的にデッキIIの調整を行うリレーFLAT機能も搭載しています。

2つのデッキにそれぞれドルビーB・C NRを搭載しています。
また、ドルビーHX PROを両デッキに搭載しており、高域部分の多い音を録音する時におこるオーバーバイアスを防ぎ、高域特性の低下を改善します。

ツマミやスイッチなどの操作系をできる限り左右にツインでレイアウトしており、カウンターもデッキI・II独立の2モードカウンターを搭載しています。
ディスプレイには3色のFLを搭載しており、視覚的にも楽しむ事が出来ます。

録再クイックリバースを両デッキに採用しています。

モーターの回転振動やスピーカーの音圧によるカセットハーフの振動を抑えるためにカセットスタビライザーを搭載しています。デッキの本体側に特殊ゴムのスタビライザーを、カセットホルダーには特殊樹脂のハーフプレッシャーを装備し、カセットハーフの両側をスタビライザーでしっかり固定しています。
さらに、カセットホルダー全体を両側から押さえるダブルロック機構を採用しており、徹底して振動吸収性を高める事で、テープの安定走行を実現しています。

デッキ本体の無振動・無共振化を実現するため、ハニカムシャーシや大型インシュレーターを採用しています。

録再ヘッドにはLC-OFC(線型結晶無酸素銅)巻線のレーザーアモルファスヘッドを採用しています。
また、導電率を高め、非直線性歪を低減する極性表示付の無酸素銅線電源コードやオーディオ用電解コンデンサーを採用しています。

コピーレベル調整機能(定速時のみ)を搭載しており、録音レベルがまちまちなテープから編集コピーをする時にもコピーレベル調整機能を使って、一定のレベルに揃えてコピーが行えます。

CD-DECKシンクロ対応機能を搭載しています。

一つのソースを2本同時に録音できるパラレル録音機能や、連続3時間の録音が可能なリレー録音、無音録音部を検知し自動的に早送りするブランクスキップ機能、無音部分を4秒間つくり自動的に録音ポーズ状態となるオートスペースRECミュート、テープのダビングを素早く簡単に行える倍速コピー、シンクロスタート、シンクロストップ機能、前後15曲の飛び越し選曲機能を搭載しています。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 ツイン録再ダブルリバースデッキ
トラック方式 4トラック・2チャンネルステレオ
ヘッド 録再:LC-OFC巻線レーザーアモルファスヘッドx2
消去:フェライトヘッドx2
モーター キャプスタン用:DCサーボモーターx2
リール用:DCモーターx2
ワウ・フラッター ±0.1%W・peak(EIAJ)
0.055%WRMS(JIS)
早巻き時間(C-60) 約90秒
周波数特性(EIAJ) メタルテープ:20Hz~20kHz ±3dB(-20dB録音)
クロームテープ:20Hz~19kHz ±3dB(-20dB録音)
ノーマルテープ:20Hz~18kHz ±3dB(-20dB録音)
SN比(メタルテープ) 56dB(EIAJ/ピーク録音レベル、聴感補正)
Dolby C on:73dB(第3次高調波歪率3%、聴感補正)
歪率(EIAJ/1kHz、第3次高調波歪率) 1.0%(メタルテープ)
入力感度/インピーダンス Line:63mV/57kΩ
出力レベル/インピーダンス Line:316mV/3.2kΩ
Headphone:0.25mW/8Ω
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 28W
外形寸法 幅420x高さ135x奥行318.5mm
重量 5.7kg
付属 リモコン CU-T003