オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

T-333Rの画像
 解説 

無振動・無共振化を図ったステレオカセットデッキ。

デジタルソースを忠実に録音・再生するために、ドルビーHX PROを搭載しています。
録音ヘッドに流れる高域信号を検出し、信号の増減に応じてバイアス電流をコントロールすることで、自己バイアスの発生を防ぎ、高域特性を大幅に改善しています。

録再ヘッドには、巻線にLC-OFC(線型結晶無酸素銅)巻線を採用したレーザーアモルファスヘッドを採用しています。

外部からの振動がカセットハーフに伝わることで、振動によりフラッター成分が発生し、音質に悪影響を与えます。これを防ぐため、パイオニア独自のカセットスタビライザーを採用しており、カセットホルダーに特殊樹脂のスタビライザー、テープトランスポートに特殊ゴムのスタビライザーを配置することにより、カセットハーフを両面からしっかりと挟み込み、優れた防振効果を得ています。

高剛性で振動減衰特性に優れたハニカムシャーシや、大型インシュレーターなどを採用することで、防振対策を施しています。

CD-DECKシンクロ対応機能を搭載しており、パイオニア製CDプレイヤーとのコンビネーションにより、ワンタッチでシンクロ録音スタートやオートトラックバック録音などの連係動作が可能です。

テープカウンターに加え、録再の経過時間を表示するタイムカウンターにもなる2モードカウンターを搭載しています。

前後両方向に15曲までの頭出しができるミュージックサーチを搭載しています。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 クイックリバースデッキ
トラック方式 4トラック・2チャンネルステレオ
ヘッド 録再:レーザーアモルファス
消去:フェライト
モーター キャプスタン用:DCサーボモーター
リール用:DCモーター
ワウ・フラッター ±0.10%W・peak(EIAJ)
0.055%WRMS(JIS)
早巻き時間(C-60) 約100秒
周波数特性(EIAJ) メタルテープ:30Hz~20kHz ±3dB(-20dB録音)
クロームテープ:30Hz~18kHz ±3dB(-20dB録音)
ノーマルテープ:30Hz~18kHz ±3dB(-20dB録音)
SN比 56dB(EIAJ/ピーク録音レベル、聴感補正)
Dolby off:58dB以上(第3次高調波歪率3%、聴感補正)
Dolby B on:10dB改善(5kHz)
Dolby C on:19dB改善(5kHz)
歪率(EIAJ/1kHz、第3次高調波歪率) 1.0%(メタルテープ)
入力感度/インピーダンス Line:63mV/52kΩ
出力レベル/インピーダンス Line:316mV/5.8kΩ
Headphone:0.25mW/8Ω
付属機構 CD-DECKシンクロ機能
ドルビーHX PRO
ドルビーB/C NR
ピークホールド付FLレベルメーター
ヘッドホン端子
オートスペースRECミュート
オートテープセレクター
ミュージックサーチ
4桁電子カウンター
タイマー録再
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 16W
外形寸法 幅420x高さ130x奥行323mm
重量 4.3kg
付属 リモコン CU-T008