オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

RT-71の画像
 解説 

オートリバース機能を搭載したステレオテープデッキ。

1モーターによるオールベルトドライブメカニズムを採用しており、回転機械音やワウフラッターの大きな原因となるアイドラーは一切使用していません。
また、モーターには回転の安定したヒステリシスシンクロナス型を採用しており、回転ムラなどを改善しています。
さらに、キャプスタンを中心にヘッドを左右対称に配し、バランスのとれたセンターキャプスタンシンメトリカル機構を採用しており、正方向と逆方向での偏差の無い安定したテープ走行を可能としています。

録音、再生ともにオートリバースが可能となっており、リバースの切り替えは0.5秒という速さになっています。
正方向も逆方向もワンタッチで、テープエンドにセンシングテープをはっておけば自動的に逆転します。

パイオニアが特許を持つピンチローラー起き上り方式でテープがけが簡単になっています。
ピンチローラーは自動調芯機構付で、テープに対する圧着ムラがなく、スムーズなテープ送りが出来ます。

スタンダードテープと、L.H.(ローノイズ・ハイアウトプット)テープのそれぞれに合わせて、デッキの特性を切り換えられるテープセレクターを搭載しています。

ヘッドの形状で生じやすい低い周波数域(50Hz~250Hz)におけるあばれが少ない1.5μのナローギャップヘッドを採用しています。

録音、再生いずれの時も一時停止できるポーズレバーを搭載しています。

ヘッドカバーには開閉式を採用しているため、ヘッドのクリーニングなどの保守が行いやすくなっています。

ヘッドホンレベルの調節も可能なライン出力レベルコントロールを搭載しています。

アクリル製ダストカバーが付属しています。

写真のメタルリール(PR-80)は別売りでした。

機種の定格
型式 オートリバース録音/再生ステレオテープデッキ
動作方式 1モーターオールベルトドライブ(キャプスタン、リール台とも)
センターキャプスタン機構
自動および手動逆転方式(録音、再生)
ヘッド 4トラック、2チャンネル録再ヘッドx2
4トラック、2チャンネル消去ヘッドx2
モーター ヒステリシスシンクロナスモーター
テープ速度 19cm/s、9.5cm/s
早巻き速度 約110秒(370mテープにて)
回転ムラ 0.10%RMS(19cm/s)
0.05%WRMS(19cm/s)
S/N LHテープ:56dB
一般テープ:53dB
歪率 LHテープ:1.0%
一般テープ:1.2%
周波数特性(19cm/s) 30Hz~20000Hz
50Hz~15000Hz±2dB
入力 マイク入力:0.3mV~240mV/50kΩ
ライン入力:30mV~24V/330kΩ
出力 ライン出力:0.775V(レベルメーター0点にて)
録再ジャック:西ドイツDIN規格
ヘッドホンジャック:出力負荷8Ω、ステレオ用
付属機構 テープセレクタースイッチ(LH、一般テープ)
Pause(一時停止)レバー
再生レベルコントロール
四桁テープカウンター
開閉ヒンジ式ヘッドカバー
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 55W
外形寸法 幅427x高さ434x奥行182mm
重量 13kg
付属 アクリルダストカバー
別売 メタルリール PR-80(¥1,200)