オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

RT-2044の画像
 解説 

ヘッド、テープトランスポート、コントロールアンプを完全に分離させたセパレート設計のテープデッキ。

RT-2044は4トラック4チャンネル構成となっており、テープトランスポートユニットRTU-11/QTと2台のアンプユニットTAU-11で構成されています。別売りの2トラック2チャンネルヘッドユニットを追加することでオールマイティなテープデッキとなります。
RT-2022は2トラック2チャンネル構成となっており、テープトランスポートユニットRTU-11/2TとアンプユニットTAU-11で構成されています。4トラック-4チャンネルへも発展が可能です。

38cm/sのテープスピードを採用しており、周波数特性やダイナミックレンジが広く、高SN比を実現しています。

バイアスはFIX(スコッチ206の適正バイアス値)の他に、各種テープの特性に合った適正録音バイアスが選べる連続可変方式を採用しています。
また、イコライザーもNAB、IEC方式に基づいてLH/STDの選択が可能です。

適正な録音状態にセットできる1kHzと10kHzのテストオシレーターを内臓しています。
1kHzのテスト信号で使用するテープの適正バイアス値を設定できます。また、10kHzのテスト信号では周波数特性のチェックやイコライザーのSTD/LHポジションの選択、アジマス調整、レベル合わせが行えます。

録音ヘッドと再生ヘッドには、ギャップの均一性や平行度に優れ、ヘッドタッチの良い、コンターレスハイパボリック型パーマロイヘッドを採用しています。38cm/sのテープスピードと相まって再生時の位相特性をはじめ、周波数特性、SN比、チャンネルセパレーションなどが向上しています。
しかもヘッドユニットはビス2本で着脱できるプラグイン式となっており、別売りのユニットやアンプユニットを追加することで、4トラック-2チャンネル、4トラック-4チャンネルシステムに発展できます。

10号リールの使用が可能です。

キャプスタン駆動にはハイトルクの2速ヒステリシスシンクロナスモーターを使用しており、優れた性能を確保しています。また、リール駆動用には6極インナーローター特殊インダクションモーターを採用しています。

シンクロモニター機構を搭載しており、サウンドオンサウンド録音やSWS録音などが楽しめます。

テープ保護システムを組み込んだダイレクトチェンジ方式のフェザータッチ操作ボタンを採用しています。

スクレープフィルターを採用しており、テープの縦振動による変調雑音を除きSN比が良く歪の少ない高域特性を実現しています。

Line/Micにそれぞれ独立した録音アンプを搭載しています。
特にマイクアンプはダイナミックレンジが広く、SN比に優れた設計が施されています。

0VUから20数dBのゆとりあるダイナミックレンジを持つ再生回路を4チャンネル分内臓しています。
テープトランスポートユニットを直接プリアンプに接続すれば、2トラック38のマスターテープも堪能できます。

-40~+6dBワイドレンジメーターを装備しています。

マイクアッテネーターを搭載しており、マイクを音源に近づけてのオンマイク録音も可能です。

接続ケーブル収納用ポケットや取っ手、フロントカバーなどを採用した可搬型設計となっています。

機種の定格
型式 テープデッキ
ユニット構成
RT-2022 テープトランスポート:
ヘッドユニット:
アンプユニット:
RT-2044 テープトランスポート:
ヘッドユニット:
アンプユニット:
RTU-11/2T
JT-2022T
TAU-11
RTU-11/QT
JT-2044T
TAU-11x2
駆動方式 3モーター(100mmφフライホイール使用)
モーター リール用:6極インナーローターインダクション型x2
キャプスタン用:4極/8極、2速度大型シンクロナス型x1
ヘッド構成
RT-2022:



RT-2044:
2トラック2チャンネル3ヘッド方式
録音:パーマロイヘッドx1
再生:パーマロイヘッドx1
消去:フェライトヘッドx1
4トラック4チャンネル3ヘッド方式
録音:パーマロイヘッドx1
再生:パーマロイヘッドx1
消去:フェライトヘッドx1
テープ速度 38cm/s、19cm/s(±0.8%以内)
早巻き時間 10号リール(740m):110秒以内
7号リール(370m):90秒以内
回転ムラ 38cm/s:0.04%WRMS(0.06%RMS)
19cm/s:0.08%WRMS(0.09%RMS)
総合SN比
RT-2022:

RT-2044:
57dB以上(38cm/s)
IEC時はさらに3dB(5kHz以上)向上
55dB以上(38cm/s)
IEC時はさらに3dB(5kHz以上)向上
チャンネルセパレーション RT-2022:53dB以上
RT-2044:50dB以上
バイアス 125kHzFIX:基準テープ(固定)
Variable Low:-40%~-8%
      High:-15%~+38%
イコライザー NABカーブ:38cm/s、19cm/s
IECカーブ:38cm/s、T2=35μs
高性能テープ補償用セレクタースイッチ付き
入力感度/最大許容入力/インピーダンス Mic:0.11~100mV/27kΩ(-20dB、ATTスイッチ付き)
   6mmφジャックアンバランス式、2チャンネル
   (RT-2044は2チャンネルx2)
Line:34mV~25V/100kΩ、ピンジャック(リアパネル)
   6mmφジャック(フロントパネル)、2チャンネル
   (RT-2044は2チャンネルx2)
RTU-11/2Tのみでは、2チャンネル100mV/13kΩ固定
RTU-11/QTのみでは、4チャンネル100mV/13kΩ固定
出力基準レベル~最大レベル/インピーダンス Line:450~930mV/50kΩ、ピンジャック(リアパネル)
    6mmφジャック(フロントパネル)、2チャンネル
    (RT-2044は2チャンネルx2)
Phone:64mV(0.5mW)~133mV(2.2mW)/8Ω
     出力レベルコントロール付き
     (基準レベル位置450mVクリック)
RTU-11/2Tのみでは、2チャンネル100mV/40kΩ固定
RTU-11/QTのみでは、4チャンネル100mV/40kΩ固定
テストオシレーター OFF/1kHz(バイアス調整用etc)
10kHz(ヘッドアジマス調整用etc)切換え
外部出力端子付き(316mV/50kΩ固定)
付属機構
RTU-11/2T、RTU-11/QT: テープセレクター
テストオシレーター
キュー機構(ロック可能)
リモートコントロール機構
※リモートコントロールユニット別売(JT-211)
ポーズレバー
多系統入出力端子
TAU-11: ワイドレンジレベルメーター(-40dB~+6dB)
レベルメモリーマーカー(入力出力共)
シンクロ録音モニター付きモードスイッチ
コード収納用ポケット
キャリング用把手及びフロントカバー
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 135W
外形寸法 RTU-11/2T、RTU-11/QT:幅460x高さ411x奥行246mm
TAU-11:幅460x高さ141x奥行246mm
重量 RT-2022:27.5kg
RT-2044:32.7kg
 RTU-11/2T、RTU-11/QT:22.3kg
 TAU-11:5.2kg
付属
RTU-11/2T、RTU-11/QT: 10号リールアダプターx2
電源コードx1
12Pダミープラグx2(RTU-11単体使用時)
10号メタルリールx1
ヘッドクリーニングキットx1
スプライシングテープx1
留守録音用ロックプラグx1
TAU-11: ユニット接続信号用カラーコードx3
ユニット接続12Pコードx1
6mmφプラグ付パッチングコードx2
クッションフェルトx2
別売 4TR-4chヘッドユニット JT-2044T
アンプユニット TAU-11(¥39,000)