オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

PL-61の画像
 解説 

回転数制御装置を搭載したブラシレスDCサーボホールモーターによって、より正確な回転を実現したベルトドライブプレイヤー。

モーターにはパイオニアが製法を開発したホール素子応用のブラシレスモーターを採用しています。
このモーターの駆動磁界はホール素子のスイッチングにより働くトランジスタ回路からの電流により作られています。ホール素子への磁力変化は、あらかじめ磁化されたマグネットローターにより順次規則的に行われ、正確な回転が得られています。
また、ターンテーブルの10倍の速さで回転する低速モーターなため、振動が少なく、S/N、耐久性が向上しています。さらに定電圧回路による電源供給方式なため、電源電圧の変動にも影響されません。

モーターのDCサーボ機構は回転数検出部と制御回路から構成されています。
コンデンサー型検出器は回転により交流信号を発振するため、回転数の変化はそのまま発振信号の変化に変ります。この検出器はモーターのローター及びステーターに取付けられた基板により形成されているため、微少な回転偏差も発振周波数にかえて駆動電流を制御し、モーター回転を一定に保っています。

33 1/3、45rpmのスピード切替えは回路定数の切替えによる電子式を採用しています。このため、従来型のベルトを掛替える必要がないため、ベルトやその切替機構に起因するトラブルがありません。
また、33 1/3・45rpmとも独立した微調整ツマミを持ち、±2%の範囲内で回転数の調整を可能にしています。

ベルトにはポリウレタンベルトを採用しています。

トーンアームには、S字型を採用しており、軸受部に新方式のサポート機構を用いる事で感度を向上しています。また、ヘッドシェルも穴開きの軽量型を採用しており、トーンアームのトレース能力向上にくわえ、追従性が大幅に向上しています。
針圧調整は支点を中心に前後のバランスをとった後、直読式目盛のついたウェイトの数字を合わせるだけで容易に調整できます。

インサイドフォースの打消しには磁気の反発作用を応用したパイオニア独自のアンチスケーティング機構を採用しています。針圧目盛数値がそのままアンチスケーティングバイアス値を示す方式で、本体に内部に組み込まれた内蔵型のため操作の邪魔にならず、優れた耐久性を備えています。

出力コードには低容量のコードを採用しており、超高域での減衰を低減しています。

トーンアームの昇降はボタン操作によるスムーズな動作の油圧式アームエレベーション機構を採用しています。

カートリッジにはMM型カートリッジであるPC-20を搭載しています。

大型インシュレーターを採用しており、水平度の調整が可能です。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
モーター ブラシレスDCサーボホールモーター
駆動方式 ベルトドライブ
ターンテーブル 31cm径アルミ合金ダイキャスト製(1.4kg)
回転数 33 1/3、45rpm(微調整可能)
回転数調整範囲 ±2%以内、各回転数独立調整
回転数切換 電子式
回転ムラ 0.05%以下(WRMS)
S/N 55dB以上
トーンアーム スタティックバランス方式S字型パイプアーム
カートリッジ MM型(PC-20)
付属機構 アームエレベーション機構
磁気反発型アンチスケーティング機構
ラテラルバランサー
アーム高さ調整機構
プラグイン方式ヘッドシェル
大型インシュレーター
ストロボスコープ
水準器
使用半導体 トランジスタ:22個
ダイオード:15個
IC:1個
ホール素子:2個
外形寸法 幅498x高さ201x奥行429mm
重量 11kg