オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

PL-1200Aの画像
 解説 

ダイレクトドライブ方式を採用したレコードプレイヤー。

駆動モーターには、直接ターンテーブルを駆動するダイレクトドライブ方式のブラシレスDCサーボモーターを採用しています。
また、回転制御には、トランジスタとダイオードで構成された電子回路の働きで回転数を自動的に制御するブラシレス・DCサーボ方式を採用しています。

トーンアーム部は、感度に大きく影響する軸受部の形状や材質を吟味することでトレース能力を向上しています。また、穴あき軽量シェルの採用により、されに精度を高めています。
インサイドフォースのキャンセルには、スプリングとカムを組合わせた独自のアンチスケーティング機構を採用しています。さらに、針圧目盛値がそのままアンチスケーティングバイアス値を示す方式となっており、レコード演奏中でも調整が可能です。

カートリッジにはMM型カートリッジであるPC-330を採用しています。

キャビネットには、硬質合板とメタルベースを組合わせた2重構造キャビネットを採用しています。
また、水平調節が可能なインシュレーターを採用しており、ハウリングや外部振動による影響を提言しています。

回転数の切換えは、電子回路の定数切換だけで行える電子式を採用しています。さらに、ターンテーブルの外周に刻まれたストロボスコープを監視しながら、33 1/3、45rpmのいずれもが独立して±2%の範囲内で微調整できます。
またモーターは定電圧回路による直接駆動となっているため、使用地域の電源周波数(50Hz/60Hz)によってプーリーを交換する必要がありません。

レコードや針先を痛めないアームエレベーション機構を採用しています。

操作機能を一枚のパネルに集めたレイアウトを採用しています。

ストロボライトを搭載しています。

4ch再生に対応できる、低容量(LSC)出力コードを採用しています。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
モーター ブラシレスDCサーボモーター
駆動方式 ダイレクトドライブ
ターンテーブル 31cm径アルミ合金ダイキャスト製
回転数 33 1/3、45rpm(微調整可能)
回転数切換 電子式
回転数微調整範囲 ±2%以内(各回転独立調整)
回転ムラ 0.05%以下(WRMS)
S/N 58dB以上
トーンアーム スタティックバランスS字型パイプアーム
付属カートリッジ MM型(PC-330)
付属機構 アームエレベーション機構
アンチスケーティング機構
ラテラルバランサー
プラグイン方式ヘッドシェル
ストロボライト
水平調整型インシュレーター
使用半導体 トランジスタ:12個
ダイオード:19個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
外形寸法 幅480x高さ185x奥行410mm
重量 10.5kg