オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

PD-9010Xの画像
 解説 

先進技術を投入して、ピュアトランスミッション思想を具体化したCDプレイヤー。

ディスクの不要な振動を抑えるため、ディスクスタビライザーを採用しています。

ピックアップは、非球面対物レンズや複合型レンズを採用し、レーザーパワーの伝達ロスを低減しています。
また駆動部には、正確で高感度なフォーカスとトレース性能を得るため、フォーカスパラドライブ機構、クロスパラレルサスペンション方式を採用しています。
これらの光学メカニズムを精密ダイキャストボディに保持することで、外乱に強くしています。

ディスクの傷や汚れによる音飛びを防ぐためリニアサーボシステムを採用しています。
3ビームトラッキング方式の長所を生かして、先行ビームがピット列と異なる傷や汚れを手前で検出し、ピックアップが傷などに追従してトラック飛びを起こさないよう、適切なサーボ量にコントロールしています。

複数個のLSIで処理されるデジタル信号処理を一つのマスタークロックによって同期処理する方式を採用しています。
これにより、デジタル信号にジッター成分が含まれたり、各信号間でビートを発生することを防ぎ、サーボ回路やオーディオ回路への影響を少なく抑えています。

オーディオ回路には、デジタルフィルターを採用し、急峻な特性をもつローパスフィルターを使う必要がなくなるため、20kHzの高域に至るまで位相まわりの少ない低歪の特性を得ています。

より高純度の伝送を実現するため、ピュアトランスミッションシステムを採用しています。
デジタル回路とアナログ回路を明確に分離するとともに、デジタル部ではディスクスタビライザーによるディスクの不要振動を低減し、外来ノイズによるデジタル信号への悪影響を排除しています。
またオーディオ部では、基板上のオーディオ回路間近にローノイズ低出力インピーダンスレギュレーターを配置し、各ブロック回路へは、インピーダンスの上昇を抑えて供給しています。
さらに、L、R共通のICの使用を排除し、L.R対称のストレートパターンとしています。

安定感のある音を生み出すために、高剛性で振動減衰率の高いインシュレーターを採用しています。
また、振動を嫌う光学系メカをフローティング構造にし、外部振動を減少させるオーディオインシュレーションを採用しています。

サーボ、デジタル系とオーディオ系の電源をトランスそのものから完全に分離したツインパワートランスとしています。
これにより、サーボ回路やデジタル回路からオーディオ回路への影響を低減しています。
さらに、オーディオ回路用のパワートランスには、オリエントコア材に高純度OFC巻線を配し、引き出しにもOFC線材を採用しています。

高純度な伝送のためパーツも厳選したものを採用しています。
ガラスケース電解コンデンサー、OFC電源コード、ファーストリカバリーダイオード、銅箔スチロールコンデンサー、FOC接続コード(金メッキプラグ)、黄銅キャップカーボン抵抗などを使用しており、さらにオーディオ回路にOFCリード線、OFCバスバーを採用しています。
特にオーディオ回路に使用する抵抗は、すべて許容差1%以内のものを使用し、厳選したオペアンプとの組み合わせにより、調整用の半固定ボリュームを全て排除しています。

ポーズプログラム機能、プログラム精算時間表示、トラックディスプレイ、10キープログラム機能、全曲/プログラム/1曲リピート、インデックスサーチ、3速マニュアルサーチなどの機能を搭載しています。

ボリューム付ヘッドホン端子を採用しています。

サブコード出力端子を搭載しています。

機種の定格
型式 CDプレイヤー
ピックアップ 3ビーム半導体レーザー方式
DA変換 16ビット直線
周波数特性 2Hz~20kHz、±0.3dB
SN比 98dB
ダイナミックレンジ 96dB
チャンネルセパレーション(1kHz) 95dB
ワウ・フラッター 水晶振動子精度
高調波歪率 0.001%(1kHz、0dB)
高調波歪率+雑音 0.0022%(1kHz、0dB)
出力電圧 2Vrms(0dB)
チャンネル数 2チャンネル(ステレオ)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 15W
外形寸法 幅457x高さ95x奥行310mm
重量 6.6kg
付属 リモコン