オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

CT-A7Dの画像
 解説 

各種音響パーツの採用や、レーザーアモルファスヘッドによる3ヘッド化など、クオリティアップを図ったステレオカセットデッキ。

メカニズム部にはリファレンスマスターメカニズムを搭載しています。
テープ駆動方式にはクローズドループデュアルキャプスタン方式を採用し、さらにそのメリットを高めるため、ワウ・フラッターのピーク成分の重なりを分散させる分散共振型としています。
また、ヘッドベースには高精度・高剛性亜鉛ダイキャストヘッドベースを採用し、光学的冶具を用いた精密調整により位相精度を高めています。
メカニズム駆動にはアブソリュートエンコーダーとマイクロコンピューター、専用DCモーターを組み合わせたデジタルフィードバック方式のモータードライブメカニズムを採用しています。

再生イコライザーはDual FET、Dualトランジスタによる差動2段→SEPP出力段採用のDCアンプ構成となっています。初段のDual FETはHigh-gmタイプでDCアンプ初段として理想的な素子で、電流ノイズによるSN比劣化を抑え低歪率を実現しています。
また、ワンチップDual素子の使用により、DCドリフトが抑えられ、NFループ内の電解コンデンサーを追放しています。

信号系全てのカップリングコンデンサーと電源部に音響用コンデンサーを、信号系のリード線には無酸素銅線を使用しています。
さらに、電源コードにも無酸素銅線を使用することで導電性を高め、線材ロスの低減と非直線性歪の低減を計るなど、音質に関わる部分では徹底してクオリティの高いパーツを使っています。

ヘッドには、コアにアモルファス磁性合金を使用し、高精度なレーザー加工技術を応用したローインピーダンス・レーザーアモルファスヘッドを採用sいています。
また、再生ヘッド巻線には無酸素銅線を使用しています。

カセットを入れると光学式センサーが検知し、自動的に装着するオートローディングを搭載しています。
さらに、PLAY中でもイジェクトキーを押すと、メカニズムをSTOPし、自動的にイジェクトするパワーイジェクトも搭載しています。

カセット挿入口の下部にあるメンテナンスフラップを開ける事で、簡単にヘッドやキャプスタンのクリーニングが行えます。

テープヒスノイズを低減するドルビーB/Cノイズリダクションシステムを搭載しています。

DIN規格に準拠し、-20dB~+10dBを18ステップで表示するワイドレンジFLピークメーターを搭載しています。

Source⇔Tapeのモニターを自動的に切換えるオートモニターや、ワンタッチで4秒間の無音部が作れるオートRECミュート、ワンタッチでカウンターゼロまで自動的にFF/REWするテープリターン、次の曲/今聴いている曲の頭出しが簡単に出来るワンタッチMS、テープポジションを自動的に切換えるオートテープセレクターを搭載しています。

機種の定格
型式 リファレンスマスターデッキ
トラック方式 4トラック・2チャンネルステレオ
ヘッド コンビネーション型(レーザーアモルファス録音ヘッド/再生ヘッド)
フェライト消去ヘッド
モーター キャプスタンドライブ用:DCサーボモーターx1
リールドライブ用:DCモーターx1
ワウ・フラッター 0.025%WRMS(JIS)
±0.045%W.Peak(EIAJ)
早巻き時間(C-60) 約80秒
周波数特性(EIAJ)
メタルテープ: 25Hz~21kHz ±3dB(-20dB録音)
20Hz~16kHz(0dB録音)
クロームテープ: 25Hz~20kHz ±3dB(-20dB録音)
20Hz~11kHz(0dB録音)
ノーマルテープ: 30Hz~20kHz ±3dB(-20dB録音)
20Hz~11kHz(0dB録音)
SN比 56dB(EIAJ/ピーク録音レベル、聴感補正)
Dolby off:57dB以上(第3次高調波歪率3%、聴感補正)
Dolby B on:10dB改善(5kHz)
Dolby C on:19dB改善(5kHz)
歪率(EIAJ/1kHz、第3次高調波歪率) 0.8%(メタルテープ)
入力感度/インピーダンス Line:63mV/120kΩ
出力レベル/インピーダンス
(出力ボリューム最大)
Line:0.63V/3kΩ
Headphone:0.45mW/8Ω
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
外形寸法 幅457x高さ131x奥行374mm
重量 9.0kg