オーディオの足跡

CT-770の画像
 解説 

リボンセンダストヘッドとAuto BLEシステムを搭載したステレオカセットデッキ。

ヘッド部にはリボンセンダストコンビネーションヘッドを採用しています。
このヘッドは、厚さ50ミクロンに薄帯化されたリボンセンダストを11枚ラミネートすることによって金属系ヘッドで問題となる渦電流損失の発生を抑え、高域特性を向上させています。
また、録音ヘッドと再生ヘッドそれぞれに最適ギャップ幅を設定できるコンビネーション型としており、アジマスずれも防いでいます。

テープ特性に合った録音調整が可能なAuto BLEシステムを搭載しています。
Auto BLEシステムでは、内蔵されたマイクロプロセッサーの4ビット演算処理によって録音バイアス、録音レベル(テープ感度)、録音イコライザーを使用するテープ特性に合わせ、最適録音を可能にしています。
テープをセットしてAuto BLEボタンを押すと10秒で調整が完了し、自動的にスタート位置まで巻き戻されて録音スタンバイ状態となります。

メカニズム部にはクローズドループデュアルキャプスタン方式を採用しており、テープテンションを常に一定に保つことでヘッドタッチを改善し、ドロップアウトやレベル変動、変調ノイズ、フラッター成分を抑えています。
駆動部にはジェネレーターを内蔵した電子制御DCトルクモーターと、DCハイトルクモーターを採用しており、高い安定性を確保しています。
また、ヘッドベース駆動用に専用の電子サーボモーターを採用しており、ヘッドベースが上下するときも極めて静かな動作を行うことでヘッドが受けるダメージを少なくしています。さらに、イジェクトもこのモーターの回転力を利用したモータードライブ方式を採用しています。

ディスプレイ部には集中表示ボードを採用しており、テープ走行状態の表示をはじめ、レベルメーター、テープの種類、ドルビーNRシステムのON/OFFがLEDによって表示されます。

応答速度に優れた2色LEDレベルメーターを搭載しています。

タイマースタンバイ機構を搭載しています。

RECミュート機能を搭載しています。

Norml、CrO2、Metalに対応した3ポジションテープセレクターを搭載しています。

メモリーストップ機構を搭載しています。

クリック付き出力調整ボリュームを搭載しています。

ノイズリダクションシステムとしてドルビーシステムを搭載しています。

機種の定格
型式 カセットデッキ
ヘッド 録音:リボンセンダスト(コンビネーション型)
再生:リボンセンダスト(コンビネーション型)
消去:特殊合金ヘッド
モーター 定速ドライブ用:DCサーボモーター
リールドライブ用:DCモーター
早巻き速度 90秒以内(C-60にて)
回転ムラ 0.035%以下(WRMS)
周波数特性
ノーマルテープ(-20dB録音):
クロームテープ(-20dB録音):
(0dB録音):
メタルテープ(-20dB録音):
(0dB録音):
Auto BLE使用時(-20dB録音):
20Hz~20kHz(25Hz~18kHz ±3dB)
20Hz~21kHz(25Hz~20kHz ±3dB)
20Hz~12kHz
20Hz~21kHz(25Hz~20kHz ±3dB)
20Hz~15kHz
30Hz~16kHz ±1.5dB
SN比 ドルビーOFF:60dB以上
ドルビーON:70dB以上(5kHz以上)
(第3次高調波歪率3%、聴感補正)
歪率 1.2%以下(0dB)
操作部 フェザータッチ式ダイレクトチェンジ
入力感度/最大許容入力
 /インピーダンス
Mic:0.4mV/32mV/40kΩ、6mmφジャック
   (適合マイクインピーダンス:250Ω~30kΩ)
Line:70mV/15V/92kΩ、ピンジャック
出力基準レベル/最大レベル
 /負荷インピーダンス
Line:450mV/640mV/50kΩ、ピンジャック
Headphone:65mV/90mV/8Ω、6mmφステレオジャック
付属機能 Auto BLEシステム(自動バイアス・レベル・イコライザー調整)
ドルビーシステム(LED表示付)
2色LEDレベルメーター(-20~+8dB)
3桁テープカウンター
メモリーストップ
タイマースタンバイ機構
自動テープたるみ除去装置/ATLC
RECミュート
カセット背面照明
パワーイジェクト機構
テープ走行インジケーター
クリック付き出力調整ボリューム
外形寸法 幅420x高さ130x奥行358mm
重量 8.2kg