オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

CT-600の画像
 解説 

自動頭出し機構PMSを搭載したステレオカセットデッキ。

曲の頭出しが行えるPMS(Pioneer Music Select System)を搭載しています。
この機能では録音テープの曲間を検知して自動的に曲の頭出しを行っています。

PMS動作に必要な曲間を簡単に作れるレックミュートスイッチを搭載しています。
このレバーを押すとLEDの表示ランプが点灯し、PMSの頭出し検知に必要な4秒間の曲間が経過すると点滅を始める設計となっています。

縦型L/R対向タイプのレベルメーターと5レベルピークインジケーターを搭載しています。
ピークインジケーターではピークレベルを0、+2、+4、+6、+8dBに分けて表示します。

駆動部にはハイトルクDCサーボモーターと新開発のツインベルト方式を採用しており、巻取りリールの回転とキャプスタンの回転を別々の伝達ベルトから得る事で安定性を高めています。

ヘッド部には高域特性に優れたフェライトヘッドを採用しています。

アンプ部にはFETを用いた2電源方式イコライザーアンプを採用しています。

CrO2ポジション用テープ自動切換え機構を搭載しており、CrO2ポジション用テープを装着するだけでバイアスとイコライザーが自動的に切換わります。

メモリーストップ/メモリープレイ機構を搭載しています。

キュー&レビューが可能です。

ラインとマイクのミキシング録音が可能です。

ノイズリダクションシステムには新開発ICを用いたドルビーシステムを採用しています。

ダイレクトチェンジ式のレバーを操作部に採用しています。

アウトプットボリュームを搭載しています。

留守録音が可能なタイマースタンバイメカを採用しています。

機種の定格
型式 カセットデッキ
ヘッド 録再:フェライトヘッド
消去ヘッドx1
モーター ハイトルクDCサーボモーター
早巻き速度 90秒以下(C-60にて)
回転ムラ 0.05%以下(WRMS)
周波数特性 一般、LHテープ:25Hz~15kHz/30Hz~14kHz ±3dB
フェリクロームテープ:25Hz~17kHz/30Hz~16kHz ±3dB
クロームテープ:25Hz~17kHz/30Hz~16kHz ±3dB
SN比 ドルビーOFF:54dB以上(一般/LHテープ)
ドルビーON:64dB以上(5kHz以上、一般/LHテープ)
※クロームテープ使用時はさらに4.5dB向上(5kHz以上)
歪率 1.5%以下(0dB)
操作部 ダイレクトチェンジ方式
入力
(感度/最大許容入力/インピーダンス)
Mic:0.3mV/100mV/10kΩ、0.6mmφジャック
   (適合インピーダンス250Ω~10kΩ)
Line:65mV/25V/100kΩ、ピンジャック
出力
(基準レベル/最大レベル/インピーダンス)
Line:450mV/950mV/50kΩ、ピンジャック
ヘッドホン:60mV/150mV/4~16Ω、6mmφステレオジャック
付属機能 ドルビーシステム(LED表示付き)
自動頭出し機構(PMS、LED表示付き)
レックミュート機構(LED表示付き)
ライン/マイク独立ミキシングボリューム
メモリーストップ/プレイ
キュー&レビュー機構
テープセレクター(STD、Fe-Cr)
CrO2自動切換機構、LED表示付き)
タイマースタンバイメカ
5レベルピークインジケーター(0、+2、+4、+6、+8dB)
使用半導体 IC:2個
トランジスタ:60個
FET:2個
ダイオード:42個
LED:7個
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 20W
外形寸法 幅420x高さ143x奥行316mm
重量 7.5kg