オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

CT-4040の画像
 解説 

雑音低減装置としてドルビーシステムを内蔵したステレオカセットデッキ。

ドルビーシステムを搭載し、テープの最大の問題点であるヒスノイズを低減します。
これは、ノイズと信号のレベル差が小さくテープヒスが耳障りなピアニッシモの時に、自動的にレベルを上げて録音し、再生時ソースと同じレベルに戻す事でテープヒスを下げてしまう方法で、動作は特にノイズが聴感上気になる中音以上の周波数帯域に対して行っています。
全てが電子回路で行われており、音質を損なう事なくS/Nを改善しています。
操作としては録音、再生時にドルビーボタンを押すだけで、ノーマルテープ、クロームテープとも使用することが出来ます。

クロームテープを最良の状態で生かすため、テープセレクターを搭載しています。
ワンタッチの切換えスイッチにより、ノーマルとクロームのテープが使い分けられ、特にクロームテープの場合は内臓されたドルビーシステム、フェライト・ソリッドヘッドと相まってハイファイ録音再生が楽しめます。

ヘッドにはフェライト・ソリッドヘッドを採用しています。このヘッドはカセットデッキに使用した場合は半永久的ともいえる耐摩耗性を備えています。また、録音用磁気損失が少なく高音域特性にも優れているという特徴を持っています。
テープとの接触面には入念な鏡面仕上げを施し、ゴミ付着による音飛びや、帯磁によるノイズ発生などを防止しています。

テープ走行の状態を示すユニークなパターンの回転式テープランニング・パイロットを搭載しています。
テープの走行方向に応じて回転します。また、録音の状態ではパターンが赤色に変わります。

モーターにはDCモーターを採用しています。
また、トランジスタとダイオードで構成された回転制御回路は電源電圧の変動やテープ走行による負荷の変化に対して安定度を保つように動作し、優れた特性を得ています。

録音レベルオーバーによる音の歪を防ぐ警告用ピークインジケーターを搭載しています。
発光ダイオードを使用しており、機械的動作のメーター指針により感度が鋭く、瞬間的な入力オーバーにも即座に点灯し警告します。

メモリーリワインドスイッチを搭載しています。
テープの途中から録音または再生する時に、このスイッチをONにしてテープカウンターを"000"にセットしておき、テープを巻き戻すとひとつ手前の"999"の位置で自動停止する機構となっています。

スキップボタンを搭載しており、再生時にこのボタンを押すと、音をモニターしながらテープを早く(約倍速)送ることができます。

録音と再生が独立したレベルコントロールを搭載しています。独立しているため、チューナーやプレイヤーとのレベル合わせが出来ます。
再生レベルコントロールは、ヘッドホンのみで再生する場合のレベル調整にも使えます。

テープが巻き終わると同時に、ヘッドやピンチローラーは自動的に停止の位置に戻る無接点式オートストップ機構を搭載しています。
テープの変形や片ノビを防ぐとともに大切なメカも保護しています。

機種の定格
型式 コンパクトカセット、ステレオ/モノラル
使用テープ C-30、C-60、C-90、C-120
一般テープ、ローノイズテープ、クロームテープ
録音方式 交流バイアス、85kHz
消去方式 交流
ヘッド 録/再:フェライトソリッドヘッド、1.5μギャップ
モーター 電子ガバナー式DCモーター
ワウフラッター 0.13%以下(wrms)
S/N 一般テープ:48dB
Dolby On:58dB
周波数特性 一般テープ:30Hz~13000Hz
クロームテープ:30Hz~16000Hz
早送り、巻き戻し時間 80sec.以内(C-60にて)
入力感度/インピーダンス Line Input:50mV/300kΩ
MIC:0.5mV/50kΩ
Rec/PB:DIN規格
出力レベル/インピーダンス Line Input:775mV/50kΩ
Phones:0.2mW/8Ω
Rec/PB:DIN規格
付属装置 テープセレクター(ノーマル、クローム)
ドルビーシステムBタイプ(ON/OFF)
オートストップ機構
ピークインジケーター(録音)
オーバーレベルリミッター(録音)
スキップボタン
テープランニング・パイロット
ポーズボタン
三桁テープカウンター
メモリーリワインド(ON/OFF)
使用半導体 トランジスタ:41個(電子ガバナー用:2個)
ダイオード:28個(電子ガバナー用:1個
発光ダイオード:1個
サイリスタ:1個
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 13W(最大)
外形寸法 幅396x高さ96x奥行242mm
重量 4.9kg