オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

CT-3030Aの画像
 解説 

基本性能と操作性を徹底させたステレオカセットデッキ。

録音、再生、早送り、巻き戻しなどのどのような状態でも自動的に作動するフルオートストップ機構を搭載してます。
この機構は、電子回路によりストップ状態を検出する無接触式で、テープやメカに負担をかけない設計となっています。

レベルコントロールノブと並行して、スライド式メモリーマーカーを搭載しています。
録音直後に再生したり、録音・再生の交互繰り返し操作のときなど、メモリーマーカーをあらかじめセットしておくと便利です。

テープ特有のヒスノイズが多いときに使用する再生ノイズフィルターを搭載しています。
高域ノイズがカットされ、聞き易くなります。

テープの走行に合わせてクルクルと回転するテープ走行パイロットを搭載してます。
録音時には赤く変わります。

切換えスイッチにより、ノーマルテープとクロームテープの使い分けができます。
これによりクロームテープの特性を生かし、SN、周波数特性、ダイナミックレンジなどが改善されます。

テープデッキとアンプ部の録音・再生を一本のコードでつなげる録再ワンコネクションコードを搭載しています。

ステレオ・モノラルを切換えるモードスイッチを搭載しており、モノラルのプログラムや片チャンネルの入力を左右両方のトラックに録音できます。

モーターには電子制御DCモーターを採用しています。
回転はトランジスタとダイオードを組合わせたサーボ機構により制御されており、電圧の変動や負荷変動が原因で発生する回転ムラを抑えています。
また、直流モーターのため、交流式に比べて誘導雑音が少なく、ハムの心配もありません。

ヘッドには、従来のパーマロイヘッドに比べて約10倍の耐摩耗性をもったパーマロイソリッドヘッドを採用しています。

ウォールナット仕上げのCT-3030Aとホワイトオーク調仕上げのCT-3030AD、ブラックレザー模様仕上げのCT-3030Sがありました。

機種の定格
型式 コンパクトカセット、ステレオ/モノラル
録音方式 交流バイアス、85kHz
消去方式 交流プッシュプル方式
ヘッド 録音・再生:パーマロイソリッド
消去:フェライト
モーター 電子制御DCモーター
早巻き速度 約80秒(C-60にて)
回転ムラ(Wrms) 0.13%
イコライザー 120μs
周波数特性 一般テープ:30Hz~12500Hz、63Hz~10000Hz ±3dB
クロームテープ:30Hz~15000Hz、63Hz~12000Hz ±3dB
S/N 47dB(333Hz、一般テープ、最大録音レベル Weighted)
入力 MIC:0.5mV~90mV/20kΩ(6φジャック)、ローインピーダンスマイク使用可
Line:50mV~9V/300kΩ(ピンジャック)
Rec/PB:15mV~2.7V/10kΩ(DIN規格ジャック)
出力 Line:300mV/50kΩ(ピンジャック)
Rec/PB:300mV/50kΩ(DIN規格ジャック)
Headphone:40mV/8Ω(6φジャック)
使用半導体 トランジスタ:16個
サイリスタ:1個
ダイオード:8個
ツェナーダイオード:2個
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 9W
外形寸法 幅396x高さ96x奥行242mm
重量 4.4kg
付属 DINコードx1