オーディオの足跡

Pioneer/Exclusive/TADの製品をヤフオク!で検索

SA-810の画像
 解説 

全回路に正負2電源方式を採用し、各セクション初段に差動アンプを搭載した、広帯域、低歪率の出力特性を重視したステレオプリメインアンプ。

イコライザー部はノイズ経時変化の少ないキャンシールドトランジスタ2石と、ローノイズトランジスタ2石による初段差動アンプ3段直結NFBの回路構成となっています。
差動アンプは、直流NFBが100%かけられるため、直流安定度が向上し、厳選した素子類の採用とあいまって高S/N、低歪な特性を得ています。

イコライザーのNFB素子とNFBを受ける素子に、ニクロム蒸着金属被膜抵抗(誤差1%)、スチロールコンデンサ(誤差2%)を採用したことにより、RIAA偏差30Hz~15000Hzにおいて±0.2dBの精度を実現しています。

Phono、AUXとも入力回路は2回路が設けられており、Phono1、AUX1のストレート入力に対して、Phono2、AUX2はレベルコントロールができます。
とくにPhono2回路は、高出力カートリッジを使用したときに、入力インピーダンス、ダイナミックマージンに影響を与えずに、レベルをコントロールできるよう考慮されており、出力差のある2個のカートリッジを用いての交互再生や、比較試聴するときなどに便利です。

正負2電源方式により、入出力点が常にゼロ電位近くに保たれ、スイッチ切換えによるショックノイズが激減しています。

Bass、Trebleのコントロール回路は、さらにMain、Subの二つにわけてコントロールできるツイントーンコントロールとしています。
Mainは1kHzを中心に、Bassは100Hzで±10dB、Trebleは10kHzで±10dBの増減特性が得られます。
Subは、Bassが50Hzで±5dB、Trebleが20kHzで±5dBのコントロールが出来ます。
これにより、MainとSubを組合わせてコントロールすることで、約2000種類のトーン特性をつくることができます。

夜間などボリュームをしぼりこんだ使い方をする場合、ボリュームコントロールのMIN点近くで、わずかなコントロール範囲で調節することになります。この不便さを解消するためレベルセット機構が設けられています。
この回路では0dB、-15dB、-30dBの3段に切換えができ、全体のレベルをこの標示どおりに減衰させることができるので、常にボリュームの中央近くで使いよい回転範囲で調整できます。

コントロール部も初段に100%直流NFBのかかる差動アンプを採用しており、3段直結NF型回路構成となっています。
初段にはキャンシールドトランジスタを採用し、長期の経時変化にも高い信頼性を得ています。

すぐにフラットな特性が得られるトーンディフィートスイッチを搭載しています。

12dB/octでシャープにカットするLow/Highのサブソニックフィルターを内蔵しています。

パワー回路は差動1段純コンプリメンタリーOCL回路を採用しています。
さらに、ドライバー、パワートランジスタにはペア特性で選んだ、PNP、NPN型を採用しています。
さらに大型放熱器、電流制限回路、電子保護回路の採用で、大パワーを十分にとりだせるよう万全を期してます。

電子回路とパワーリレーを組合わせた保護回路を搭載しています。

オーディオミューティングスイッチを搭載しており、瞬時に-20dBの音量ダウンが可能です。

A、B、A+Bで楽しめるスピーカー出力端子を搭載しています。

プリメイン分割スイッチの他、セパレートしたときにはパワーアンプにもサブソニックフィルターが入れられるなど、付属回路も豊富に完備しています。

一台ごとに実測データの資料が添付されています。

機種の定格
型式 ステレオプリメインアンプ
<パワーアンプ部>
回路方式 差動1段全段直結純コンプリメンタリーOCL
実効出力
20Hz~20000Hz、両ch駆動: 40W+40W(8Ω)
45W+45W(4Ω)
1kHz、両ch駆動: 44W+44W(8Ω)
50W+50W(4Ω)
1kHz、片ch駆動: 50W/50W(8Ω)
60W/60W(4Ω)
高調波歪率 実効出力時:0.3%以下
1W出力時:0.05%以下
混変調歪率 実効出力時:0.3%以下
1W出力時:0.05%以下
出力帯域幅(IHF、両ch駆動) 5Hz~40kHz(歪率0.3%)
周波数特性 7Hz~80kHz、+0 -1dB
入力感度/インピーダンス Power Amp In:500mV/50kΩ
出力端子 Speaker:A、B、A+B(4Ω~16Ω)
Head Phones:4Ω~16Ω
ダンピングファクター(1kHz、8Ω) 60以上
S/N(IHF、ショートサーキットAネットワーク) 95dB以上
残留雑音(8Ω、プリ+パワーアンプ) 1mV(0.13μW)以下
サブソニックフィルター 8Hz(12dB/oct)
<プリアンプ部>
回路方式 イコライザーアンプ:初段差動3段直結NF型
コントロールアンプ:初段差動3段直結NF型
入力感度/インピーダンス Phono1:2.5mV/50kΩ
Phono2:2.5mV~5mV/50kΩ
Phono最大許容入力(rms/p-p):250mV/700mV
MIC:2.0mV/50kΩ
Tuner:150mV/100kΩ
AUX1:150mV/100kΩ
AUX2:150mV~1.5V/50kΩ~100kΩ
Tape Monitor1、2:150mV/100kΩ
Tape Monitor2(DIN):150mV/100kΩ
出力レベル/インピーダンス Tape Rec1、2:150mV
Tape Rec2(DIN):30mV/80kΩ
Pre Out:2V/5Ω
高調波歪率(20Hz~20kHz) 0.05%以下
周波数特性 Phono(RIAA偏差):30Hz~15kHz、±0.2dB
MIC:10Hz~10kHz、+0 -1dB
Tuner、AUX、TapeMonitor:10Hz~70kHz、+0 -1dB
トーンコントロール
Bass メイン:±10dB(100Hz)
サブ:±5dB(50Hz)
Treble メイン:±10dB(10kHz)
サブ:±5dB(20kHz)
フィルター Subsonic:8Hz(12dB/oct)
Low:30Hz(12dB/oct)
High:8kHz(12dB/oct)
ラウドネスコンター(ボリューム-40dB時) +10dB(100Hz)
S/N(IHF、ショートサーキットAネットワーク) Phono:80dB以上
MIC:70dB以上
Tuner、AUX、Tape Monitor:90dB以上
ミューティング -20dB
レベルセット(3段切換) 0dB、-15dB、-30dB
<総合>
使用半導体 トランジスタ:49
ダイオード他:25
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 105W
最大消費電力 260W
電源コンセント 電源スイッチ連動1、非連動2
外形寸法 幅430x高さ138x奥行341mm
重量 12.1kg