オーディオの足跡

CDR560Sの画像
 解説 

ミニコンポサイズのシングルトレイオーディオCDレコーダー。

OPC搭載により録音レベルを自動的に最適化してます。

44.1kHzの音源から直接録音するダイレクトライン録音(DLR)

デジタルオーディオCD-Rディスク及びCD-RWディスクの録音/再生が可能です。
また、全てのオーディオCDを再生できます。

オートまたはマニュアルによるトラックナンバリングが可能です。

デジタル音源(44.1kHz)からのCD-SYNCオートスタート録音が可能です。

ビットストリームA/Dコンバーター、1ビットD/Aコンバーターを搭載しています。

SCMSシリアルコピーマネジメントシステムを搭載しています。

最大30トラックのプログラム再生が可能です。

リモートコントローラーが付属しています。

機種の定格
型式 CDレコーダー
<オーディオ特性>
チャンネル数 2ch
周波数特性(デジタルイン) 20Hz~22.05kHz
S/N比 再生:100dB
録音(アナログ):90dB
録音(デジタル):録音品質は元の音源に匹敵
ダイナミックレンジ 再生:95dB
録音:92dB
総高調波歪 再生:85dB(0.0056%)
録音:85dB(0.0056%)
ライン出力電圧 2Vrms±2dB(CD+CD-R)
デジタル同軸出力 0.5Vp-p/75Ω(CD+CD-R)
ヘッドホン 0.5Vrms/8Ω~2000Ω
<ライン入出力用録音値>
デジタル同軸入力 44.1±100ppm(直接録音)
デジタルオプティカル入力 44.1±100ppm(直接録音)
アナログ入力 700mVrms/50kΩ=0dB(Level Potmeter)
<その他>
再生機能 再生-ポーズ-停止
ダイレクトトラック選択
次/前トラック選択
フォワード/リバース検索
繰り返し(全/1トラック)
プログラム再生(30トラック)
時間表示切替え
録音機能 CD-RおよびCD-RWディスクへの録音
ディスクごとの自動スタート録音
最終トラック消去(CD-RWディスク)
ディスク消去(CD-RWディスク)
インデックス消去(録音済RWディスクへの再録音)
マニュアル/自動トラックインクレメント
残余録音時間表示
ファイナライズ(CDプレイヤー対応のディスク作成)
SCMS(シリアルコピーマネジメントシステム)
RIDコード(Recorder Unique Identifier)
電源 AC100V
消費電力 15W
動作温度 5℃~35℃
外形寸法 幅264x高さ86x奥行305mm
重量 4kg
付属 リモートコントローラー
オーディオケーブル(x2)
デジタル同軸ケーブル
AC電源ケーブル