オーディオの足跡

ONKYOの製品をヤフオク!で検索

Integra T-427Rの画像
 解説 

FM帰還方式を採用したFM/AMステレオチューナー。

FM帰還方式は検波器出力信号の一部を、FMサーボ回路を通して局発へフィードバック(帰還)し、局発に内蔵した超低歪変調回路で局発信号を変調。変調された局発信号はミキサーで入力信号とミックスされ、IF信号を取り出しています。
アンプの歪低減技術であるNFB(ネガティブ・フィードバック)をチューナーのIF・検波部に導入しており、リニアリティが改善され、歪を低減しています。特に、今回のFM帰還回路では、局発変調回路の歪を従来の1/10まで下げており、歪低減効果を向上させています。
また、FMサーボ帰還をかけることにより、IFスペクトラム信号帯は大幅に圧縮されます。これは、IF回路の帯域幅を拡大したのと同じことになり、IF信号帯は、IF回路の最も位相特性の良い部分だけを通る事ができます。これによりステレオ受信時やダイナミックな生番組の場合(オーバー変調時)のワイドなIF信号帯もリニアに通過・増幅できます。
さらに、IFスペクトラムに含まれるステレオ分離用の信号も伝送されるため、MPX復調器での位相ズレを抑え、セパレーションを向上しています。

検波出力信号にわずかな位相ズレが生じても、FM帰還(サーボ)働かないため、優れた位相特性を追求してます。このため、IFリニアフェーズフィルタと広帯域ウルトラリニア検波器とを厳選・選別して採用しています。

IF帯域幅2段切換を搭載しており、WIDE時にFM帰還動作を選択できます。

フロントエンドは、このクラスで初めて感度2段切換(Boost Out/In)を搭載しており、受信エリアの違いに応じて、妨害排除性能(Out=Triple)と高感度(In)とが選べます。
特にDirectポジションでは、入力トリプルチューンの後、直接ミキサー(MOS FET)へ入ると共に、局発出力をFETバッファを通してミキサーへ入力させることにより、強入力受信時のダイナミックレンジを拡大しています。
また、受信電波の弱いエリアでは、高感度ポジション(Boost-In)に切り換えることによって、RF増幅器が追加して動作し高感度受信が可能です。

サーボロック方式を搭載しており、同調安定度を改善することで音質最良点を保持します。
同調範囲に入ると、ロックド・インジケータが輝き、チューイングノブから手を離すと同時に最適同調点にロックします。

オーディオ信号を左右へ分離するMPX部には、安定度の高いAFアンプ内蔵・PLL・ICを使用しています。
また、安定したPLL・ICに、強化フィルタを追加し、全体としての音質向上に大きな成果を上げています。

FM録音レベル設定の場合の目安として役立つ、変調度を示すデビエーションメーターを搭載しています。

AM部には、タッチセンサー・サーボロックを搭載し、IF段に4素子ラダー型フィルタと2個のインピーダンス・マッチングトランスを採用して周波数特性の拡大とスプリアス妨害の低減を図っています。
また、IF帯域幅WIDEポジションに加え、Narrowポジションも搭載しています。
さらに、蛍光灯ノイズなどの外部雑音に強い高感度AMループアンテナを使用しており、アンテナコイルの振幅特性を急峻にして、選択度を高めています。

別売りでリアルウッドの側板(CW-9)がありました。

機種の定格
型式 FM帰還方式・サーボロックAM/FMステレオチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz~90MHz
実用感度(75Ω/IHF) RF Booster out:1.75μV/16.1dBf
RF Booster in:0.9μV/10.3dBf
S/N50dB感度(75Ω/IHF) RF Booster in:2.0μV/17.3dBf
相互変調妨害比(±1MHz/±2.5MHz) RF Booster out:90dB/100dB
RF Booster in:85dB/95dB
イメージ妨害比(83MHz) RF Booster out:90dB
RF Booster in:90dB
IF妨害比(83MHz) RF Booster out:100dB
RF Booster in:120dB
S/N比 mono:84dB
stereo:80dB
スプリアス妨害比 RF Booster out:110dB
RF Booster in:120dB
2信号選択度(±400kHz離調) IF Wide:40dB
IF Narrow:85dB
AM抑圧比 IF Wide:62dB
IF Narrow:50dB
キャプチャーレシオ IF Wide:1.0dB
IF Narrow:2.0dB
歪率
mono、50Hz~10kHz: 0.009%(IF Wide)
0.15%(IF Narrow)
stereo、400Hz: 0.02%(IF Wide)
0.4%(IF Narrow)
stereo、50Hz~10kHz: 0.08%(IF Wide)
0.6%(IF Narrow)
周波数特性 20Hz~15000Hz +0.2 -0.8dB
アンテナインピーダンス 75Ω
ステレオセパレーション
1kHz: 57dB(IF Wide)
45dB(IF Narrow)
100Hz~10kHz: 47dB(IF Wide)
40dB(IF Narrow)
キャリアリーク -65dB
出力電圧/インピーダンス 可変出力:0~800mV/3.3kΩ
固定出力:500mV/5.6kΩ
<AMチューナー部>
実用感度 200μV/m(ループアンテナ)
イメージ妨害比/IF妨害比 57dB/42dB(1MHz)
2信号選択度 IF Wide:20dB
IF Narrow:45dB
S/N比 60dB
歪率 IF Wide:0.3%
IF Narrow:0.5%
出力電圧 可変出力:0~260mV
録音出力:150mV
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力(電気用品取締法規格) 27W
外形寸法 幅435x高さ99x奥行393mm
重量 5.2kg
別売 側板 CW-9(2枚1組、¥5,000)