オーディオの足跡

ONKYOの製品をヤフオク!で検索

D-77Xの画像
 解説 

オリジナルモデルの高性能をベースに、システムのあらゆる部分から不要な振動を徹底的に取り除き、音楽波形を純化したスピーカーシステム。

低域には31cmのコーン型ユニットを採用しています。
ユニットの振動を抑える重量級ウエイトのアコースティック・スタビライザーの装着と、リニアリティに秀れたエンジニアリング・エラストマー製エッジの採用で、より完成度を高めています。
振動板にはピュア・クロスカーボンを採用しており、磁気回路にはφ140xφ75xφ17tmmのマグネットを採用しています。

中域には12cmのコーン型ユニットを採用しています。
振動板には、ウーファーのピュア・クロスカーボンに対し単位面積あたり約2倍のカーボンファイバー量で編み上げた細密なタイプを2層構造にしたものを採用しています。
さらに、高域共振解消の技術を応用し、コーンの半頂角を部分的に25゜と55゜の2種類に変化させてピークを抑え、過渡応答を向上させています。
また、キャビネットへの取り付けを8本ネジどめによる強固なマウントにして不要振動の干渉を排除しています。

高域にはプラズマ・ナイトライデッドチタンを振動板に採用した2.5cmドーム型ユニットを採用しています。
一般的なコーティング法とは違い、ナイトライド部と基体部との境界がないため、耐久性にも優れた性質を持っています。

エンクロージャー構造は、ウーファーへのアコースティック・スタビライザー装着と並んで、40mmという極厚なフロントバッフルの採用により振動を低減することに成功しています。
また、全体の強度アップだけでなく、各ユニット相互の振動干渉も防止しており、低域の透明度向上と同時に中高域の純度も高められています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:31cmコーン型
中域用:10cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 28Hz~45000Hz
クロスオーバー周波数 300Hz、2500Hz
最大入力 200W
インピーダンス
出力音圧 91dB/W/m
キャビネット内容積 57L
外形寸法 幅380x高さ670x奥行363mm
重量 34kg