ONKYO TA-9Xの仕様 オンキヨー/オンキョー
オーディオの足跡

TA-9Xの画像
 解説 

オンキョー独自のオートアキュバイアス方式を軸に、カセット録音の最新技術を全て投入して開発された高級ステレオカセットデッキ。

ヘッドの両サイドに2組みのキャプスタンとピンチローラーを配置してテープを走行させるクローズドループ・デュアルキャプスタン方式を採用しています。
このシステムでは、カセットハーフの左右両方の大窓をドライブ用として使うため、2ヘッドの場合でも強力なヒステリシスループを持つメタル対応ヘッドの使用がスペース的に困難でしたが、超小型ダブルギャップ・メタル消去ヘッドを開発し、この問題点を解決しています。

ヘッドには、録音用にはワイドギャップ、再生用にはナローギャップと、それぞれ理想的な歪率や周波数特性を求めて設計されたS&Sセンダスト・録音/再生コンビネーションヘッドを採用しています。
コア材には磁気特性に優れ、フェライトなみの硬度を持つセンダストを使用し、メタルテープの性能を発揮させています。
また、消去用ヘッドには新開発素材であるダイナロイとフェライトを結合したダブルギャップの超小型ヘッドを採用し、発振ブロックからの消去電流によって強力な磁界を作り出し、消去機能を万全なものとしています。

キャプスタン駆動用、リール駆動用、ヘッドベース駆動用にそれぞれ専用のハイトルクDCモーターを採用した3モーターシステムを採用しています。
キャプスタン駆動用モーターには、回転性能の静けさと安定振りでトップクラスの評価を得ているブラシレスFGサーボDCモーターを使用しており、デュアル・キャプスタン方式と相まって優れたワウフラッタを実現しています。
さらに、駆動系の動作をコンピューターで集中的にコントロールするフルロジック・サイレントメカニズムによって、走行性能や操作性を高めています。

録音時のトップクオリティを目指し、使用するテープ一本一本に対してバイアス値をベストチューニングし、フラットな周波数特性を得るオート・アキュバイアス方式を開発・搭載しています。
録音ポーズでスタートボタンを押すと、低域400Hzと高域10kHzの2つの発振器の混合出力を、バイアス値を連続的に変化させながら録音し、これを3ヘッドで同時再生しながら低域と高域レベルを比較サーチし、レベルが一致した点でバイアス値をロックします。そしてロックと同時にテープはスタート位置まで巻戻され録音ポーズで待機します。
バイアスチューニングは通常5秒以下(最大15秒)の短時間で完了し、さらにオートアキュバイアス動作の完了後、アキュバイアスコントロールツマミを操作し、アキュバイアスインジケーターが緑から赤に変わった時点でベストバイアス値が機械的にメモリーされるため、留守録音の場合でもオートアキュバイアスの効果を生かすことが可能です。

テープの残量時間と経過時間をスイッチ切換えでダイレクトに分秒表示するリアルタイムカウンターを搭載しています。
送り出し側リールからだけでなく、巻取り側リールからも回転速度を検出し、両方の回転速度からコンピュータで残量時間を計算するデュアルセンサー方式により、ブランドやグレードによって異なるテープの厚みの影響を原理的に防ぎ、時間検出精度を向上させています。
さらに、演奏中のどのポジションからでも、数秒以内に残量時間を表示するため、巻取り途中のテープで録音を始める場合にも有効です。さらに残量時間表示は早送り・巻戻し中にもプレイ走行時と同様に継続します。
残量表示スイッチはC-46/C-60/C-90の3通りですが、いずれか2つを同時押しすることでC-50(46と60)、C-80(60と90)、C-120(46と90)の各テープにも対応できます。

ドルビーC NRを搭載しており、ドルビーBに比べてノイズ低減動作開始周波数を低くすることで、ノイズ低減の必要な周波数帯域での高い低減効果を得ています。
また、動作開始周波数を入力レベルの大きさによって変化させるスライディングバンド方式を採用し、ノイズ改善量が大きくなるほど目立ちやすいブリージング現象(ノイズの息づき現象)解決しています。
さらに、高域でのオーバーレベルを検知して大入力信号の高域を抑えて録音するアンチ・サチュレーション回路を内蔵しており、再生時に元に戻すことで、実質的に高域飽和レベルを改善しています。

レコーディングキャリブレーターを内蔵しており、基準テープと録音レベルが異なるテープの場合でも、レベル補正が可能となっています。

オートスペース・レックミュート機能を搭載しており、Auto-Spaceスイッチを録音中に押すと自動的に約5秒間無録音部分を作り、Rec-Pauseで録音待機をします。

2色FL管を使用したデジタル・レベル・インジケーターを搭載しています。
-20dB~+8dBまでのワイドレンジ型で、瞬間のピーク値も読み取れる7点ピークホールド(約3秒)付となっています。

タイマースタンバイ機構を搭載しています。

巻戻し後の0:00ポジション・メモリーストップ&プレイが可能です。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
ヘッド 録再:S&Sセンダスト録再コンビヘッド
消去:FXフェライト接合型消去ヘッド
モーター キャプスタン用:DCサーボモーター
リール用:DCモーター
ヘッドベース用:DCモーター
テープ速度 4.8cm/s
ワウフラッター 0.019%(WRMS)
周波数特性 Metal:20Hz~20kHz(25Hz~19kHz ±3dB)
High:20Hz~18kHz(25Hz~17kHz ±3dB)
Norm:20Hz~16kHz(25Hz~15kHz ±3dB)
SN比(Metalテープ) Dolby NR off:60dB
Dolby B NR on:10dB向上(5kHz)
Dolby C NR on:20dB向上(5kHz)
MIC入力 最小入力レベル:0.3mV/600Ω
入力インピーダンス:5kΩ
適合マイクインピーダンス200~50kΩ
LINE入力 最小入力レベル:50mV
入力インピーダンス:50kΩ
LINE出力 基準出力:1,100mV(0dB)
負荷インピーダンス:50kΩ以上
ヘッドホン 6mmφ標準ステレオジャック
負荷インピーダンス:8Ω~200Ω
消費電力 45W
外形寸法 幅450x高さ100x奥行392mm
重量 9.5kg