オーディオの足跡

ONKYOの製品をヤフオク!で検索

Integra A-919の画像
 解説 

インテグラシリーズの設計ノウハウを集大成し、音質志向を徹底して追及したプリメインアンプ。

パワーアンプ部には、オンキョー独自のスーパーカレントアンプ構成を採用しています。
このアンプでは、出力段の前段で電圧-電流変換を行うBi-MOSドライブ方式を採用し、カレントドライブアンプでは電流-電流増幅することで安定かつリニアな増幅を実現しています。
カレントドライブアンプは、従来の出力段のようにトランジスタの電圧→電流変換特性に左右されず、前ステージから送られた電流に比例して出力電流をスピーカーに供給する電流アンプ構成となっており、直線性に優れ、温度による変動もありません。
また、前段に採用されたBi-MOSドライブ方式は、MOS FETとバイポーラトランジスタの2つの素子を用いた回路で、小電流領域ではMOS FETが緩やかな立ち上がりカーブの特性を示し、大電流領域ではバイポーラ・トランジスタの伸びやかで直線的な特性が支配的になります。これにより、クロスオーバー領域において極めて直線に近い特性が得られ、大振幅領域でも伸びのあるリニアリティ特性を実現しています。
さらに、このパワーアンプ部は+側/−側完全対称の全段プッシュプル仕様となっており、初段の差動増幅段、プリドライバー、Bi-MOSドライブ段に続く最終段のカレントドライブアンプ段は3パラレル構成となっています。

左右独立のツインモノラル構成を採用しており、小信号ブロックを中央部に置き、大電流を扱うパワー部/電源部を左右に配置しています。
これにより大電流からの電磁波による相互干渉を抑えると共に、信号伝送距離の短縮化を図っています。

電源部には、周囲に放射される磁気リーケージ・フラックスを従来のトランスに比較して約30分の1に低減したLASERトランスを左右それぞれに1個、合計2個搭載しています。
また、電源トランスの2次側巻線を、パワーアンプ用、EQアンプ用、プロテクター回路用に独立させ、さらにマイコン用にサブ・トランスを搭載することで、各ステージ間の干渉を排除しています。

シャーシ構造を3BOX構造とし、大電流を扱う電源部とパワー部を左右に収め、中央部のBOXに微小信号を扱う入力部イコライザーアンプ、プリアンプを収め、相互干渉を排除しています。
また、ボトムシャーシもこれに合わせて3分割しており、シャーシ電流による干渉を抑えています。

信号伝送距離の短縮化とシンプルな伝送を図るため、モータードライブのセレクタースイッチを入力ピンジャックの近くに配置しており、ボリュームもシャフトドライブの独立4連タイプをセレクター近くに配置して信号伝送距離を最短で結んでいます。

ハイクオリティ・低インピーダンスのツインロールケミコンや、高速ダイオード、70μm銅箔プリント基板の採用で回路のローインピーダンス化を実現しています。

デルタターボ電源やプリ/パワー部独立スーパーサーボアンプなどのオンキョーの独自技術を採用しています。

ソースダイレクトスイッチやダイレクトトーン回路、テープモニター機能、MC2ポジションカートリッジセレクター、チャージ・ノイズフィルターなどの機能を搭載しています。

電源、ボリューム、インプットセレクター、ミューティングを手元で操作できるリモコンが付属しています。
ボリュームとインプットセレクターはモータードライブ方式を採用し、半導体スイッチなどで発生する非直線歪を防いでいます。

機種の定格
型式 LASERトランス搭載・スーパー・カレント・アンプ
定格出力(20Hz~20kHz、
CD→SP-OUT、両ch駆動)
155W+155W(6Ω)
120W+120W(8Ω)
ダイナミックパワー 2Ω:420W+420W
4Ω:280W+280W
6Ω:200W+200W
全高調波歪率(20Hz~20kHz) 0.0015%(CD→SP Out、10W出力時、8Ω)
0.003%(Phono MM→Rec Out、3V出力時)
0.015%(Phono MC→Rec Out、3V出力時)
混変調歪率(20Hz~20kHz) 0.004%(CD→SP Out、定格出力時)
パワーバンドウィズス 5Hz~100kHz(IHF-3dB、THD 0.2%、8Ω)
ダンピングファクター 400(1kHz、8Ω)
周波数特性 Phono→Rec Out(RIAA偏差):20Hz~20kHz ±0.2dB
CD→SP Out:2Hz~100kHz +0 -3dB
Phono最大許容入力
(1kHz/10kHz、0.005%)
MM:150mV/710mV
MC:9mV/42mV
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC(for3~10):160μV/100Ω
Phono MC(for10~40):160μV/220Ω
CD、Tape Play、Processor IN、他:150mV/30kΩ
定格出力電圧/インピーダンス Tape Rec、Processor Out、他:150mV/560Ω
SN比(IHF-Aフィルター入力ショート) Phono MM:94dB(5mV入力)
Phono MC:75dB(0.5mV入力)
CD、他:107dB
トーンコントロール最大変化量 Bass:±10dB(20Hz)
Treble:±8dB(20kHz)
ミューティング -20dB
電源 AC100V、50Hz/60Hz
ACアウトレット Switched:2系統、100W
Unswitched:1系統、合計100W
消費電力(電気用品取締法規格) 325W
外形寸法 幅471x高さ170x奥行430mm
重量 26.6kg
付属 リモコン