オーディオの足跡

Model 3.3の画像
 解説 

構造と素材に最高級品のみを使用し、NHTの技術力を結集したフラッグシップ機にあたるスピーカーシステム。

中高域の再生にはスペシャル・アブソープティブ・フォーム理論(S.A.F.)やスーパー・イメージング理論(S.I.T.)を採用しています。また、低音再生にはアコースティック・サスペンション理論を採用しています。

低域には30cmポリマーコーン型ウーファーを搭載しています。
このユニットにはアルミダイキャスト・フレームを採用することで、不要な振動を低減しています。

中域にもポリマー振動板が採用しており、中低域は16cmコーン型、中高域は10cmコーン型をそれぞれ搭載しています。

高域には磁性流体を充填した2.5cmアルミドーム型トゥイーターを搭載しています。

エンクロージャー設計にはNHT独自のFIG(フォーカスド・イメージ・ジオメトリー)理論が導入されています。この方式では、前面バッフル板に独特な角度を持たせ、音の反射パターンをコントロールしており、エンクロージャー内部の定在波を大幅に低減しています。また、この角度はリスニングルームの横側の反射を減少させ、リスニングエリアに音のエネルギーを集中させる効果も持っています。
また、中・低域部にアコースティック・サスペンション方式を採用することで、低域再生を改善しています。

機種の定格
方式 4ウェイ・4スピーカー・アコースティックサスペンション方式
・フロア型
ユニット 低域用:30cmコーン型
中低域用:16cmコーン型
中高域用:10cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
周波数特性 23Hz~26kHz ±3dB
出力音圧レベル 87dB/2.83V/m
インピーダンス
許容入力 300W(rms)
1000W(peak)
クロスオーバー周波数 100Hz(12dB)、330Hz(12dB)、3.5kHz(18dB)
外形寸法 幅175x高さ1,050x奥行775mm
重量 55.4kg