オーディオの足跡

Model 2.9の画像
 解説 

NHTのフラッグシップであるModel 3.3のデザインをベースにしたスピーカーシステム。

低域には新開発のロングストローク・25cmコーン型ウーファーを搭載しています。

中低域にはポリプロピレン振動板を用いた16.5cmのコーン型ミッドレンジを搭載しています。
また、中高域にもポリプロピレン振動板を用いた10cmのコーン型ミッドレンジを搭載しています。

高域には磁性流体を充填した2.5cmアルミドーム型トゥイーターを搭載しています。

エンクロージャー設計にはNHT独自のFIG(フォーカスド・イメージ・ジオメトリー)理論が導入されています。この方式では、前面バッフル板に独特な角度を持たせ、音の反射パターンをコントロールしており、エンクロージャー内部の定在波を大幅に低減しています。また、この角度はリスニングルームの横側の反射を減少させ、リスニングエリアに音のエネルギーを集中させる効果も持っています。

外観の仕上げは、ブラックラミネート仕上げとシカモアラミネート仕上げの2種類があります。

バイ・アンプ仕様に対応した金メッキ端子を採用しています。

スパイクキットを標準装備しています。

機種の定格
方式 4ウェイ・4スピーカー・アコースティックサスペンション方式
・フロア型
ユニット 低域用:25cmコーン型
中低域用:16.5cmコーン型
中高域用:10cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
周波数特性 26Hz~26kHz ±3dB
出力音圧レベル 87dB/2.83V/m
インピーダンス
許容入力 30W~250W/ch
クロスオーバー周波数 100Hz、320Hz、3.5kHz
外形寸法 幅178x高さ991x奥行546mm
重量 35kg
付属 スパイクキット