オーディオの足跡

Preamp 3aの画像
 解説 

真空管設計を基本として開発されたプリアンプ。

Preamp 3aとPreamp 3bではフロントパネルのデザインが異なります。

回路は真空管設計を基本としており、低雑音MOS-FETを用いるとともに低NFBを採用しています。

パッシブ端子を搭載しており、CD接続時にボリュームをコントロールだけを行うことも可能です。

特注のフィルムコンデンサーやガラスエポキシ基板等の高級パーツを採用しています。

電源部は外部設計となっており、オーディオ回路との相互干渉を排除しています。

低雑音MOS-FETによるMCヘッドアンプを搭載しています。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
入力感度/インピーダンス Phono MC:80μV
Phono MM:2mV/47kΩ
CD、Tuner、Aux、Tape:150mV/47kΩ
RIAA偏差 30Hz~20kHz ±0.3dB
30Hz~50kHz ±0.5dB
SN比 Phono MC:70dB
Phono MM:70dB
CD、Tuner、Aux、Tape:80dB
定格出力 Line out:0.7V
Passive out:適正負荷インピーダンス33kΩ以上
出力インピーダンス 100Ω未満
全高調波歪率 0.5%以下(1Vrms出力)
0.5%以下(4Vrms出力)
セパレーション 65dB以上
消費電力 8W
外形寸法 Preamp3a:幅408x高さ60x奥行249mm
Preamp3b:幅482x高さ57x奥行225mm
電源部:幅60x高さ60x奥行95mm
重量 Preamp3a:5.5kg
Preamp3b:4kg
電源部:0.5kg