オーディオの足跡

P270-2の画像
 解説 

P270の後継モデルにあたるステレオパワーアンプ。

回路にはSA470に用いられた構成を採用しています。
また、出力段にはMOS-FETを採用しており、100Wまでは純Aクラス動作としています。

内部配線にはミュージカルフィデリティ・オリジナルのLC-OFCを採用しています。

電源部には大型トロイダル電源トランスを二機搭載しており、ツインモノコンストラクション構成となっています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
定格出力 150W+150W(8Ω)
周波数特性 10Hz~80kHz -3dB
全高調波歪率 0.5%以下(8Ω、定格出力時)
SN比 85dB以上
セパレーション 75dB以上
消費電力 1,200W(ピーク)
外形寸法 幅482x高さ185x奥行312mm
重量 25.0kg