オーディオの足跡

ヤフオク!で中古オーディオを検索

A1の画像
 解説 

小出力ながら多くのユーザーに好評を得てロングランとなったらプリメインアンプ。

A1は、マイケルソン&オースチンでTVA-1を送り出したマイケルソンがチーフエンジニアを担当して設計しました。
また、英国のペンタグラム社によるプロダクトデザインがされており、シンプルなフォームとなっています。

A1の全体の構成は非常にシンプルなものとなっており、トーンコントロールやモードセレクタースイッチなどのアクセサリー回路は搭載せずにストレートな伝送を追求しています。

初段から最終段まで純粋なA級動作となっています。

電源部には大型トロイダルトランスと40,000μFの電解コンデンサーを搭載しています。

天板全体にリブを設けたデザインを採用しており、パワートランジスタの放熱を効果的に処理しています。
MCヘッドアンプを搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
定格出力 20W+20W(8Ω、20Hz~20kHz)
入力感度/インピーダンス Phono MC:200μV/120Ω
Phono MM:2mV/47kΩ
CD、Tuner、Aux、Tape:200mV/47kΩ
RIAA偏差 30Hz~40kHz ±0.5dB
SN比 Phono MC:67.0dB
      55dB以上(別カタログ記載)
Phono MM:70.0dB
      60dB以上(別カタログ記載)
CD、Tuner、Aux、Tape:82.7dB
            80dB以上(別カタログ記載)
高調波歪率 0.5%未満(8Ω、定格出力時)
消費電力 75W
85W(連続、別カタログ記載)
外形寸法 幅408x高さ60x奥行249mm
重量 4.5kg
5.5kg(別カタログ記載)