オーディオの足跡

McIntoshの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

MC502の画像
 解説 

C504と同じ設計思想が生んだコンパクトサイズのステレオパワーアンプ。

前面パネルにあるNormal(緑)とLimit(赤)のランプは、「波形比較回路」と呼ばれる独創設計による回路で作動しています。
この回路は、出力波形と入力波形を電気的に比較してその波形差が0.5%になるとLimitランプが点灯し、Normalランプが消えます。また波形差が1%に達すると、パワーガード回路が動作し、アンプがクリッピングするのを防いで、スピーカーから歪を再生せず、同時にスピーカーを安全に保護します。この場合でも、アンプは定格最大出力を発揮しています。Limitランプはアンプがオーバーロードした場合に点灯し、オーバーロードの状態が非常に短い間であっても、目で確認できる程度の間点灯しています。
入力波形と出力波形はIC作動アンプで比較され、出力波形の歪による波形差は電圧に変換されます。この電圧は、約100倍に増幅され全波整流回路を通りSchmidtトリガー回路に供給されます。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
出力
ステレオ: 72W+72W、定格出力(2.7Ω~4Ω)
50W+50W、定格出力(8Ω)
モノラル: 150W、定格出力(8Ω)
定格出力帯域 20Hz~20kHz
高調波歪率 0.02%以下(ステレオ、モノラル共、20Hz~20000Hz)
周波数特性 20Hz~20kHz、+0 -0.25dB
10Hz~10kHz、+0 -3.0dB
SN比 95dB以上(定格出力時)
出力電圧 25V
ダンピングファクター 50以上
入力感度/インピーダンス 0.75V、2.5V/75kΩ
(レベルコントロールで切換)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 20W~400W
外形寸法 前面パネル:幅406x高さ92mm
本体:幅375x高さ60x奥行368mm
重量 12.2kg