オーディオの足跡

McIntoshの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

MC501の画像
 解説 

完全クアッド・バランス回路を採用したモノラルパワーアンプ。

入力から出力までの全信号経路で、2系統の対称フルバランス回路を構成し、それぞれの出力をオートフォーマーで結合する完全クアッド・バランス回路によって、ノイズ成分と歪成分を測定限界以下のレベルまで低減しています。

ワイドレンジ出力オートフォーマーを採用することで、10Hz~100kHzの広帯域特性を維持しつつ、2/4/8Ωのいずれの負荷においても各負荷に同等の出力を送ります。
また、パワートランジスタの不具合などによるシステムの損傷からスピーカーを保護します。

最大パワー能力を超えて入出力波形に差が生じた時、コンパレーターがゲインを制限し出力の歪を制限するパワーガード、出力段のダイナミックな動作時間・電圧・電流を監視し、電流を安全レベル内に抑えるよう制御するセントリーモニター回路を搭載しています。
さらに、DC保護、温度プロテクション、ターンオン遅延、インラッシュプロテクションなどの保護回路を搭載しています。

実際に出力されている出力を表示するブルーアイズ・パワーメーターを搭載しています。
また、メーターの照明をオフにすることも可能です。

機種の定格
型式 モノラルパワーアンプ
定格出力 500W(2Ω、4Ω、8Ω)
全高調波歪率 0.005%以下
入力感度/インピーダンス バランス:4.2V/20kΩ
アンバランス:2.1V/10kΩ
スピーカー出力 1系統x3(2Ω用、4Ω用、8Ω用)
入力端子 RCA:1系統
XLR:1系統
消費電力 8A
最大外形寸法 幅445x高さ245x奥行376mm
重量 40.2kg