オーディオの足跡

MC252の画像
 解説 

バランスサーキットとアウトプットオートフォーマーというマッキントッシュを代表する2つの技術を搭載したステレオパワーアンプ。

ステレオパワーアンプとしてだけでなくハイパワーモノラルアンプとしても使用できます。

マッキントッシュ独自の全段バランスサーキットと4パラレル総計16個のパワートランジスタによる回r構成を採用しており、全帯域の歪とノイズを測定不可能なレベルにまで低減しています。

マッキントッシュ伝統のアウトプットオートフォーマーによって負荷インピーダンスに関わりなく一定の出力を得ています。
また、オートフォーマーではスピーカーの振動系が動くことによって不可避的に発生する逆起電力をアースに逃し、アンプの正常な動作を保つ重要な役割も果たしています。

電源部には大型トロイダルトランスを搭載しています。

1000平方インチ(6,452平方センチ)以上の放熱面積を持つ大型ヒートシンクや独自の可変トラッキングバイアス方式を採用しており、ファンを用いない自然空冷構造でありながら低温度動作を実現しています。これによりアンプの長寿命化を実現しています。

保護回路として、高い信頼性を持つ多重保護システムを搭載しています。
パワーガードでは、入力と出力の波形を常に監視し、違いが0.3%を超えると自動的にゲインを下げて歪を抑えます。また、セントリーモニターでは出力ショートや異常に低い負荷インピーダンスによって出力電流や電圧が既定値をオーバーしそうな時は自動的に安全なレベルまで下げて事故を防いでいます。
温度プロテクションではオーバーヒートを検出して入力を遮断し、温度が下がれば自動復帰します。また、院ラッシュプロテクションでは電源投入時の突入電流を制限し電源回路のストレスを緩和します。さらに、ターンオンディレイでは電源投入時に起動を約2秒遅らせ、スピーカーを過渡ノイズ等から保護しています。
DCプロテクションも搭載しており、出力に漏れ出した直流成分をオートフォーマーがバイパスさせてスピーカーを保護しています。

左右両チャンネルがそれぞれの回路を独立して電源を供給するバランス・サーキットを採用することで低歪、大出力を実現しています。

ブルーアイズ・パワーメーターを搭載しています。
このメーターは業務用機器に使われるVUメーターのほぼ10倍の速さで応答し、2kHzのシングルサイクル・トーンバースト信号レベルを95%精度で指示するように設計されています。
WATTSポジション時はピークポイントに達した指針は人間の目で確認できる時間だけ静止してから元に戻ります。また、HOLDポジションでは最大レベルを指示するとそれ以上の入力が無い限りその位置に留まり、6dB/分のゆっくりとした速度で戻ります。
OFFポジションではバックライトが消灯しますが、メーターはWATTS表示で動作し続けます。

マッキントッシュのコントロールアンプから電源を一括オン/オフできるリモートパワーコントロール機能を搭載しており、複数台のシリーズ制御が可能です。

バランスとアンバランスの2種類の入力端子を搭載しています。

シャーシには鏡面仕上げのステンレスシャーシを採用しています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
定格出力 stereo:250W+250W(2Ω、4Ω、8Ω)
monoブリッジ:500W(4Ω、8Ω、16Ω)
monoパラレル:500W(1Ω、2Ω、4Ω)
周波数特性 20Hz~20kHz +0 -0.25dB
10Hz~100kHz +0 -3.0dB
全高調波歪率 0.005%以下(250mW~定格出力)
混変調歪率 0.005%以下(SMPTE、定格出力時)
入力感度/インピーダンス バランス:3.2V/20kΩ
アンバランス:1.6V/10kΩ
SN比(A-規準) 85dB(アンバランス)
112dB(バランス)
ダンピングファクター 40
スピーカー出力 1系統x3(2Ω用、4Ω用、8Ω用)
入力端子 RCA:1系統
XLR:1系統
パワーガード クリッピング防止
全高調波歪率≦2%
(オーバードライブ14dB以下、1kHz)
電源 100V、50Hz/60Hz
消費電力 8A(UL/CSA規格)
最大外形寸法 幅445x高さ240x奥行376mm
重量 42.9kg