オーディオの足跡

MC1201の画像
 解説 

1200Wの大出力を実現したマッキントッシュ・フラッグシップモデルのモノラルパワーアンプ。

入力から出力まで完全ダブルバランスサーキットを搭載しています。
この回路は、信号の+側と−側を受持つ2台の特性の揃えられた対称アンプで構成されており、マッキントッシュ出力オートフォーマーによって一体化することで歪をキャンセルしています。また、ネガティブフィードバックを可能な限り少なくし、特に不快な音となる奇数次高調波歪を抑えています。
出力トランスは、15Hz~100kHzという優れた広帯域特性を実現しており、2Ω、4Ω、8Ωの負荷に対応しています。また、出力トランジスタの不良などによる損傷からスピーカーを保護し、さらに200Aを超えるピーク電流も供給が可能です。

低インピーダンスなスピーカーにも対応するため、出力電流蓄積機能を搭載しています。
トーンバーストでは5,000Wの出力が可能となっています。

パワーメーターにはマッキントッシュ伝統のブルーアイズパワーメーターを搭載しています。
このメーターは出力電圧に電流を乗じた値で表示しており、実際に出力されている出力パワーを表示しています。また、メーター本体はガラスハウジングに収納されており、照明のオフも可能です。
メーターモードのWATTSポジションでは、プログラムソースの音量の変化を示し、HOLDポジションでは最大のパワー指示をします。

6種類の保護回路を搭載しており、異常事態に陥った際にもアンプやスピーカーを保護しています。
パワーガードは、アンプの入力と出力信号の波形をモニターする波形コンパレーターで構成されており、全高調波歪0.3%を超えると、アンプのゲインを抑えて出力を低歪に抑えます。
セントリーモニターでは、突然のショートなどで非常に低いインピーダンスが出力にかかって破壊的な電流が流れるのを防いでいます。
温度プロテクションでは、アンプの異常高温の際に、温度センサーが感知して入力をミュートし、アンプが冷えると自動的にオンになります。
遅延ターンオフでは、MC1201の電源がオンになった時、アンプの動作を約2秒間遅らせる事で、他の機器からの不快な雑音の原因となるノイズを防いでいます。
アンプ故障時のDC保護回路も搭載しており、出力にDCが混じるような場合は、オートフォーマーがそれをカットしてDCからスピーカーを保護します。
パワーラインのインラッシュ保護回路を搭載しており、電源オン時のインラッシュ電流はパワートランス1次回路にあるサーミスターで緩和されます。

動作電流範囲全体にわたって電流ゲインが安定した、低容量で安全動作範囲の広いトランジスタを選別して採用しています。

信号経路にある受動素子には、電圧係数が極めて低い高精度金属被膜抵抗と低誘電吸収フィルムコンデンサーを採用しています。

入力端子はバランス入力のXLRコネクターとアンバランス入力のRCAコネクターを搭載しています。
また、出力端子は長寿命と歪のない接続を可能にする金メッキの大型5ウェイバインディングポストを採用し、バナナプラグにも対応しています。

マッキントッシュのコントロールセンターをオンにするとMC1201がオンになるリモートパワーコントロール装置を搭載しています。

機種の定格
型式 モノラルパワーアンプ
定格出力(正弦波連続出力) 1,200W(2Ω、4Ω、8Ω)
負荷インピーダンス 2Ω、4Ω、8Ω
出力周波数帯域 20Hz~20kHz
全高調波歪率(20Hz~20kHz) 0.005%以下(250mW~1,200W出力時)
混変調歪率(20Hz~20kHz) 0.005%以下(定格出力の2倍以内)
周波数帯域(1W出力時) 20Hz~20kHz +0 -0.25dB
10Hz~100kHz +0 -3.0dB
SN比(IHF-A) 115dB(定格出力時)
IHFダイナミック・ヘッドルーム 2.1dB
ダンピングファクター 100以上
入力インピーダンス 10kΩ
入力感度 2.5V
パワーガード 1kHzでオーバードライブ14dBまでTHD2%以内
電源 AC100V、50Hz/60Hz、1,500W(UL/CSA)
最大外形寸法 幅460x高さ280x奥行543mm
重量 66.7kg