オーディオの足跡

McIntoshの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

C504の画像
 解説 

コンパクトサイズのコントロールアンプ。

全ての入力切替スイッチにICを使用しています。
微小なDC電圧で回路をON/OFFさせて、周波数特性に影響を与えず、切替ノイズの発生を抑える事に成功しています。

30Hz、750Hz、10kHzの各周波数を中心として、±12dBの調整ができ、音質調整が自在です。

ラウドネス・コントロールは、連続可変的に「LOUD」ツマミでコントロール出来ます。
FLATの位置では最大ボリュームと、フラットな周波数特性が得られ、右に回すとボリュームは低下し、ラウドネス効果が増加します。
ラウドネス効果は、低いボリュームで聞くときの人間の耳の特性に合わせて低域を増加させるもので、音量対音質のバランスをコントロールするシステムです。

機種の定格
型式 プリアンプ
周波数特性 20Hz~20kHz
歪率 0.02%以下(20Hz~20kHz、2.5V出力時)
入力感度/インピーダンス Phono1、2:2.2mV/47kΩ(50pF)
AUX、Tuner、Tape1、2:250mV/47kΩ
ハム及びノイズ(SN比) Phono1、2:IHF 90dB、10mV以下
AUX、Tuner、Tape1、2:IHF 100dB、250mV以下
出力レベル/インピーダンス Main出力:2.5V/100Ω以下
Tape出力:250mV/200Ω以下
イコライザー特性 30Hz、750Hz、10kHz:±12dB
使用半導体 15Tr、14FET、11Di、11IC
電源 AC120V、50Hz/60Hz
消費電力 45W
外形寸法 前面パネル:幅406x高さ92mm
本体:幅375x高さ60x奥行368mm
重量 6.4kg