オーディオの足跡

No38SLの画像
 解説 

内部の主要パーツを一新し、大幅な音質的グレードアップを実現したスペシャルバージョンのコントロールアンプ。

音楽信号、アースラインから独立した±電源ラインを設けた4層基板を採用しており、電源ラインを最短化することで電源インピーダンスを低減し回路の過渡特性を向上させています。

衛星通信分野で使われている絶縁特性に優れた新素材シアン化エステルプリント基板を、オーディオ製品として世界で始めて採用しています。

カスタムメイドのパーツを投入しています。

No38Lからのグレードアップにも対応しています。

No380SLが発売した際にNo38SLからNo380SLへのバージョンアップサービスがありました。
このバージョンアップでは基板とフェイスプレートの交換が行われましたが、オプティカルエンコーダーは含まれずボリュームの感触は変わりませんでした。ボリュームの感触を変えるため別途ボリュームパーツの交換が必要でした。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
構成 デュアルモノラル構成
入力 バランス(XLR)x2
アンバランス(RCA)x4
出力 バランス・メイン(XLR)x1
アンバランス・メイン(RCA)x1
レコーディング出力(RCA)x1
入力インピーダンス 100kΩ(680pF)
出力インピーダンス 6Ω以下
最大出力 16Vrms(メインアウト)
ゲイン -72.1dB~+18.9dB
電源 AC100V、50Hz/60Hz
外形寸法 幅400x高さ98x奥行364mm
重量 16kg
付属 ワイヤレスリモコン
別売 バージョンアップサービス(No38SL-No380SL、¥350,000)