オーディオの足跡

No26Lの画像
 解説 

新体制下での第1号機にあたるコントロールアンプ。

これまでのリレー方式による切換方式をさらに発展させた独自のマトリックス方式によるリレーコントロールを採用しています。これにより信号経路を最短にすると同時に、あらゆる入力とメイン出力との間のスイッチコンタクトを最大2ヶ所に抑えています。

使用パーツにはMIL規格をはじめとした最高峰のパーツを厳選して採用しています。

アンプ部(No26L)と電源部(PLS-226L)を分離した構成とすることで、相互干渉を抑えています。
内部構造は左右の回路を完全に独立した2つのモノラルプリアンプ構成となっており、電源部にはトロイダルトランスを用いた左右独立構成を採用しています。

位相切換用のアブソリュート・スイッチや、高純度な信号伝送を可能にするバランス出力を搭載しています。

フォノアンプを持たないラインアンプのみの構成をベーシックモデルとしており、メインボード上に設けられたオプションスロットを利用して、2種類のフォノカード(MCフォノカード/MMフォノカード)のうち1つを追加する事でフォノアンプ付のモデルを構成することが可能です。また、フォノカードのかわりにバランス入力カードを追加すれば、既存のラインアンプをバランス入力対応型としたモデルに変更することができます。
これらのカードにはそれぞれゲイン切替えスイッチが設けられており、フォノカードにはインピーダンス切替えスイッチも搭載しています。このゲイン切替えスイッチとフロントパネル上の左右独立ゲインコントロールの組み合わせによって、全ての入力に対応しています。

機種の定格
型式 プリアンプ
構成 デュアル・モノラル構成によるステレオプリアンプ
利得 フォノアンプ MM:38dB、44dB
フォノアンプ MC:58dB、64dB
Unbalance:6dB、12dB、18dB
Balance:12dB、18dB、24dB
入力インピーダンス フォノアンプ MM:47kΩ(切替え可変可能)
フォノアンプ MC:825Ω(切替え可変可能)
ラインアンプ:14kΩ
最大出力 フォノアンプ:6V(Tape out)
ラインアンプ:6V(Main out)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 50W
外形寸法 本体:幅444.5x高さ78.5x奥行333.4mm
電源部:幅193.0x高さ78.5x奥行333.4mm
重量 本体:4.5kg
電源部:3.6kg