オーディオの足跡

SD-60の画像
 解説 

基本性能の徹底追及をコンセプトに開発された3ヘッドカセットデッキ。

理想的なテープ走行を実現するために、走行系メカニズムを徹底的に追求してます。
新開発の精密ダイキャスト一体構造ヘッドベースを採用しており、キャプスタン&ピンチローラーヘッドブロック、カセットガイドピンなど、走行性能を左右するパーツを一体化しています。慣性質量の大きい精密大型フライホイールとの相乗効果によって、走行性能を飛躍的に向上させています。
また、2つのキャプスタンとピンチローラーで構成されたクローズド・ループ・デュアル・キャプスタン方式により、安定したテープのヘッドタッチを実現しており、変調ノイズやレベル変動を大幅に改善しています。

モーターの負荷変動を軽減し、回転ムラをなくすツインベルト・ドライブ方式によって安定したテープテンションとヘッドタッチを獲得しています。
さらに、カセットハーフの振動を点ではなく面で押さえる独自のカセットハーフ・スタビライザーを採用し、カセットハーフの微振動や変調歪を軽減しています。

徹底したローノイズ化をはかり、よりピュアな高音質を再現するために、録音アンプ用に開発された専用デバイスを採用しています。
録音ヘッドの誘導性インピーダンスの影響を受けずに、必要とする録音電流が供給できる定電流ドライブ方式を実現しており、録音ヘッドとテープ特性を補正してフラットな周波数特性を獲得しています。
また、再生イコライザーアンプには、マランツの高級アンプで培われたフォノアンプ回路のノウハウをベースに、ローノイズFETによって構成された差動部を搭載しており、S/N比を改善しています。

録音・再生コンビネーションヘッドのコア材には、磁気特性に優れた高硬度パーマロイを採用しています。
ヘッドのコイル巻線には、信号ロスを大幅に抑えたPC OCC(単結晶状高純度無酸素銅)を使用し、録音・再生にそれぞれ最適なギャップ設定を行っています。

高域信号の量に合わせてバイアスレベルをコントロールするドルビーHX PROを搭載してます。
これによりつねにベストな状態での録音を可能にするため、高音域の周波数特性を大幅に向上しています。

通常のテープカウンターと録音・再生の経過時間を分、秒で表示するリニアカウンターの2モード切換えが可能です。
また、モードキャラクター・ディスプレイを搭載しており、あらゆる動作状態をデジタル文字などのキャラクターでディスプレイ上に表示します。

デジタル・ピークレベル・インジケーターを搭載しており、録音時0dB~+12dBまでのピークレベルを1dBステップで5秒間デジタル表示します。
また、MAXピークレベルメモリーを搭載しており、録音レベルの最大値をメモリーし、メモリーコールキーでランダムにその最大値を呼び出せます。

QMS(クイック・ミュージック・センサー)を搭載しており、聞きたい曲の頭出しを行います。

AMS(オートマチック・ミュージック・スキャン)各曲のイントロ(約10秒間)を次々に再生します。

リピート/再生中の曲を繰り返し再生可能です。

テープ再生中に無録音部分をサーチして自動的に早送りを行うブランク・スキップを搭載しています。

オートテープ・セレクター、RECキャリブレーション、カセット・インジケーター、アンチレック・インジケーターなどの機能を搭載しています。

3系統の入力端子を搭載しており、ダイレクト録音が可能です。

フィックス・バリアブルの2系統の出力端子を搭載しています。

付属のリモコンにより曲の選曲やアウトプットレベルが操作できます。

サイドパネルには制振効果の高いダイキャストサイドパネルを採用しています。

ブラックモデルもありました。

機種の定格
型式 ステレオ・カセットデッキ
トラック型式 4トラック2チャンネルステレオ
録音方式 交流バイアス方式
ヘッド 録音・再生コンビネーションヘッド
消去ヘッド
モーター キャプスタンモーター
リールモーター
ワウ・フラッター 0.03%W・RMS
±0.06%W・peak(EIAJ)
周波数特性 20Hz~21kHz ±3dB(メタル)
20Hz~20kHz ±3dB(クローム)
20Hz~19kHz ±3dB(ノーマル)
S/N比 57dB(EIAJ、ピーク録音レベル聴感補正)
ドルビーB ON時:5kHz以上、10dB改善
ドルビーC ON時:1kHz~10kHz、20dB改善
入力感度/インピーダンス 70mV/47kΩ
出力レベル/インピーダンス ライン:500mV/2kΩ
ヘッドホン:85mV
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 22W(電気用品取締法)
外形寸法 幅454x高さ151x奥行359mm
重量 10.4kg
付属 リモコン