オーディオの足跡

PM-6の画像
 解説 

セパレートアンプSC-6とSM-6の設計を採用したプリメインアンプ。

全段完全プッシュプルDCの構成による純A級30W+30W。鮮度が高く、スイッチング歪などが原理的に発生しないパワーです。
また、スイッチ一つでAB級120W/chに変更も可能。切換えによる音の差を縮めるために、パワー段には遮断周波数を90MHzと十分に広帯域化を図ったハイスピード・ハイfTトランジスタを採用。AB級の弱点といわれていたスイッチング歪を極小に抑え、繊細で、それでいてパワフルなAB級アンプに仕上られています。

パワーアンプ部とともにコントロールアンプ部もLow-TIM設計となっており、厳選した素材と熟達した回路により裸特性を改善。NF量を減らして聴感上の歪を追放しました。

電源部には、新たに開発された22,000μFスーパーオーディオコンデンサと、特殊樹脂を充填し、耐熱対策を施したコンパクトなトランスを採用。
さらに放熱機構には、熱交換率の高いヒートパイプを搭載し、純A級動作時の高い発熱を冷却しています。

ディスク再生のクオリティを高めるため、フォノアンプをダイレクトにパワー段へ結ぶストレートDCスイッチを装備。
このため、各ブロックの低歪化、高S/N比化や、微細な信号を扱うMCヘッドアンプには、片チャンネル13石にも及ぶトランジスタを使用し、単品としても十分に価値のあるレベルにまで磨き込んでいます。
また、フォノ入力スイッチに27kΩ、47kΩ、100kΩのカートリッジロードセレクタを装備し、どんなカートリッジにも対応してます。

トーンコントロールに左右独立型を採用。また、ラウドネス回路には、100Hzを+8dBと+4dB可変できる2ポイント式を装備。リスニングルームの特性や音量に合わせて、クリティカルに補正できます。

同時再生、切換え可能なスピーカー切換スイッチ搭載。

不要な超低域をカットするサブソニックフィルタ採用。

2台のデッキによる相互ダビング回路搭載。

機種の定格
型式 ステレオプリメインアンプ
定格出力
(20Hz~20kHz、両ch同時駆動)
120W+120W(8Ω、AB級)
30W+30W(8Ω、純A級)
全高調波歪率 0.015%以下(実効出力時、20Hz~20kHz、8Ω負荷)
混変調歪率 0.015%以下(60Hz:7kHz=4:1、実効出力時、8Ω)
周波数特性 +0、-0.2dB(20Hz~20kHz)
5Hz~100kHz(+0、-2dB)
ダンピングファクタ 100以上(8Ω負荷、1kHz)
入力感度/インピーダンス メインアンプ入力:1.5V/100kΩ
phono1 MM:2.2mV/27kΩ、47kΩ、100kΩ
phono2 MM:2.2mV/47kΩ
phono2 MC:200μV/75Ω
TAPE、TUNER、AUX:150mV/40kΩ
定格出力/インピーダンス PRE OUT:1.5V/220Ω
TAPE OUT:150mV/600Ω
RIAA偏差 ±0.2dB(20Hz~20kHz)
トーンコントロール特性 ±8dB(低域 100Hz)
±8dB(高域 10kHz)
S/N比(IHF-A) phono MM:86dB
phono MC:68dB
TAPE、TUNER、AUX:110dB
フォノ最大許容入力 MM:220mV(1kHz)
MC:20mV(1kHz)
消費電力 電気用品取締法:350W
電源 100V、50/60Hz
外形寸法 幅416x高さ146x奥行332mm
重量 15.5kg