オーディオの足跡

PM-50の画像
 解説 

プリメインアンプの基本を徹底して貫いて開発されたモデル。

電源部には15,000μFx2の大容量コンデンサーを搭載して、安定した電流供給を実現しています。
また電源回路の分離や電源回りのレイアウトにも配慮を施し、ノイズの混入を防いでいます。

アナログ・レコードの個性を生かすため、ローノイズFETとオーディオ用ICによるフォノ・イコライザーを採用しています。MM型カートリッジだけでなくMC型にも対応しています。

セレクター・スイッチからマスター・ボリューム・ダイレクトに接続されるソース・ダイレクト・スイッチを搭載してます。これによりあらゆるソースをパワーアンプへ直結した状態で聴くことが出来ます。

入力端子は5系統、テープ入出力端子は2系統を搭載しています。
通常のソース・セレクターとは別にテープ・モニター・スイッチにより、テープ1から2への編集が簡単に行えます。

マスター・ボリュームには、マランツ独自の抵抗変化特性を採用しており、ノブの回転に応じた自然な音量感を得られます。

機種の定格
型式 ステレオプリメインアンプ
定格出力
(20Hz~20kHz、両ch同時駆動)
120W+120W(4Ω)
100W+100W(6Ω)
80W+80W(8Ω)
ダイナミックパワー 240W+240W(2Ω)
180W+180W(4Ω)
140W+140W(6Ω)
全高調波歪率(20Hz~10kHz、8Ω負荷) 0.008%
混変調歪率(SMPTE) 0.008%
周波数特性 CD・ソースダイレクト:10Hz~100kHz +0 -3dB
ダンピングファクター(8Ω負荷) 180(20Hz~10kHz)
入力感度/インピーダンス Phono MC:250μV/100Ω
Phono MM:2.5mV/47kΩ
High Level:150mV/33kΩ
Phono最大許容入力(1kHz) MC:16mV
MM:160mV
RIAA偏差(20Hz~20kHz) ±0.2dB
SN比(Aネットワーク) Phono MC:75dB
Phono MM:85dB
High Level:105dB
トーンコントロール Bass:100Hz、±6dB
Treble:10kHz、±6dB
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 180W(電気用品取締法)
外形寸法 幅420x高さ150x奥行380mm
重量 10.0kg