オーディオの足跡

Marantzの製品をヤフオク!で検索

PM-4の画像
 解説 

#14や#15、MA-5で採用された外付けヒートシンクのフォルムを採用し、A級AB級切換え可能なプリメインアンプ。

パワーアンプ部の入力段にはペア特性の良いデュアルFETを採用し、ソースフォロア構成でインピーダンス変化による特性劣化を防いでいます。また、出力段のバイアス電流を切換えることにより、A級とAB級のどちらも楽しむ事ができます。
パワー素子には遮断周波数90MHzのスーパーハイftトランジスタを採用しスイッチング歪を極小に抑えています。

外付けヒートシンクの採用により、通常トランジスタの作動温度が約150℃前後であるのに対し、半分以下の60℃前後に常時保つことができる設計となっています。

パワーアンプ部からコントロール部まで一貫したLow-TIM設計がされています。
独自の2ポール位相補正回路により裸特性を改善し、オープンループゲインを64dBと低く抑えNF量を26dBに留め、高周波領域での過渡混変調歪の低減を図っています。

フォノアンプ部は、独自のLow-TIM設計によりMCカートリッジのダイレクト接続が可能なローノイズ・ハイゲインタイプとなっています。
また、RIAAカーブを設定する素子に特に低インピーダンスのものを厳選し、聴感上のSN比を向上させています。

電源回路およびスピーカー等の出力ケーブルには錫コーティングの無酸素銅線を採用しています。さらに、電源コードには通常の2倍の10Aのコードを採用しています。
また、コンストラクションを工夫することで、配線の短縮化を図っています。

機種の定格
型式 ステレオプリメインアンプ
定格出力(20Hz~20kHz、両ch駆動) AB級:60W+60W(8Ω)
A級:15W+15W(8Ω)
全高調波歪率(20Hz~20kHz) 0.015%(8Ω負荷、定格出力時)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1) 0.015%(8Ω負荷、定格出力時)
周波数特性 20Hz~20kHz +0 -0.3dB
5Hz~100kHz +0 -2dB
ダンピングファクタ(8Ω負荷、1kHz) 70
入力感度/インピーダンス Phono1、2 MM:2.5mV/47kΩ
Phono1 MC:200μV/100Ω
Tape、Tuner、AUX:150mV/25kΩ
RIAA偏差 20Hz~20kHz ±0.25dB
SN比(IHF-A) Phono MM:84dB
Phono MC:64dB
Tape、Tuner、AUX:104dB
トーンコントロール 低域:±10dB(100Hz)
高域:±10dB(10kHz)
Phono最大許容入力(1kHz) MM:330mV
MC:25mV
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 150W
外形寸法 幅416x高さ117.5x奥行334mm
重量 9.5kg