オーディオの足跡

DA-7CXの画像
 解説 

910シリーズで培った京セラの無共振思想をベースに、より徹底した無共振化を行ったCDプレイヤー。

動作中のコンデンサーやトランジスタは、外部からの振動を電気的な信号に変換してしまうマイクロフォニック効果を引き起こします。また、サーボ回路や電源など、急激に電流が変化したり大電流が生じる部分では逆に電気信号を振動に変換してしまうこともあります。
DA-7CXでは、これらの振動による悪影響を排除するため、高剛性・高耐熱性・振動減衰特性に優れたファインセラミック・スペーサーを採用しています。ファインセラミックスペーサーの設置位置は8ヶ所で、まず、電源、サーボアンプ、信号処理回路、出力アンプ、D/Aコンバーターといった振動の影響を最も受けやすい部分の基板とシャーシとのジョイントに使用しサポートしています。さらに、このスペーサーを本体のフットにも使用しており、アコースティック・フィードバックや本体の鳴きを防止しています。

メカデッキの共振や不要振動を低減するためアウトサート技術を採用しています。これは、樹脂をプレス成型する際に、ベースとなる素材を間に挟むことで複雑な構造物を形成する技術で、2種類の異なる材質によってダンプ効果を高めています。

低域の振動や外部からのショックを低減するため、3D(3point Differential)サスペンションを採用しています。
フロントパネル側の2点を堅めの3方向フレキシブルダンパーでサポートし、リア側の1点を柔らかめのスプリングで浮かせることで、フロントパネルからのショックだけでなく、上下方向の振動に対しても対策がされています。
また、3点サポートとすることでピックアップの移動などでもバランスを崩さないというメリットを得ています。

デジタル部のプリント基板はCADシステムを用いて設計されています。これにより0.3mmピッチというきわめて緻細なファインパターンを実現しています。さらに、フォトプロッターを併用することにより、シャープなラインでリークやエッチング不良が少ない優れたプリント基板を実現しています。
また、パーツの実装度についても、片面実装基板の限界に近い密度を実現し、その上ループを小さく抑えて、ノイズの飛びつきやパーツ相互の干渉を低減させています。
さらにGNDに関しても、ノイズの多い部分や高周波系統、電流変化の激しい部分などを完全に分離し、各セクション相互の悪影響や干渉を防いでいます。

アナログ部はデジタル部と完全にセパレートし、音のクオリティ向上を図っています。
デジタル部との結合部は、2ヶ所14本のラインのみで、不要なパーツやセクションを介在させないシンプルな構造を実現しています。また、回路はL/R完全コンプリメンタリー設計を採用しており、ラインアンプ部にはハイスルーレイト・ハイアウトプット・リニアICを使用しています。
さらに独自のエンクステンショナル・サンプリング・ホールド技術とアパーチュアコレクション回路を採用しています。

デジタル、アナログ、ディスプレイの各セクションにはそれぞれに巻線の異なる独立した電源を採用しています。特にアナログ部の電源はローノイズ・ローインピーダンス型を採用しており、回路間の干渉を抑える独立3電源のメリットを高めています。

デジタル信号をアナログ信号に変換するD/Aコンバーターには、16ビット高速積分型を採用しています。
積分回路にはローノイズFET入力ハイスルーレイト・リニアICを採用することで、高速・高精度なD/A変換を達成しています。

ピックアップ部には3ビームトラッキング・システムを採用しており、さらにDA-7CXでは独自のフォーカシングホールド・システムを採用しています。これにより、ディスクの不良などによるデータの欠落があっても、前データのポイントを確実にホールドし、素早くフォーカスを復帰させます。

銅箔スチロールコンデンサーや銅箔ポリプロピレンコンデンサー、セラミックパウダーを混入した高級電解コンデンサーをはじめ、LC-OFC、OFCといった優れた線材を採用しています。
特に線材は聴感テストを重ねた上で使い分けて使用しています。

内部配線にLC-OFCとタフピッチ銅を使い分けた低歪率パッシブ・ローパスフィルターを採用しています。

ディスクが完全に停止してからトレイを開くスピンドルブレーキ・システムを搭載しています。

独立したヘッドホンアンプを搭載しています。

ディスプレイ部にはFL管を使用した14セグメント8桁ディスプレイを採用しています。

ダイレクトコントロール10キーを搭載しています。

3モード・サーチファンクション機能やリピート機能、最大16曲のプログラムメモリー、残量時間を表示するタイムリメイニング機能などの機能を搭載しています。

チェック・ディスク機能を搭載しており、セットしたCDにプレイヤーが読み取れないほどの異常があった場合、ディスプレイに「CHK DISK」と表示されます。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 CDプレイヤー
再生周波数帯域 5Hz~20kHz ±0.5dB
SN比(EIAJ) 100dB以上
ダイナミックレンジ 96dB以上
チャンネルセパレーション 96dB以上
全高調波歪率 0.0035%以上(1kHz)
ワウフラッター 測定限界値以下(水晶発振精度)
出力レベル/インピーダンス 2.0Vrms/600Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 12W
外形寸法 幅430x高さ90x奥行308mm
重量 4.9kg
付属 ワイヤレスリモコン RT-7